BLOGブログ
BLOG

北浦和のスポーツ整体。プロテイン。

2021/09/02
北浦和のスポーツ整体。プロテイン。

筋トレの効果を高めたり、効率的にカラダづくりをするために、プロテインを飲んでいるという人は多いと思います。

 

ヒトの体の大部分は、タンパク質と水分によってできていると言っても過言ではなく、筋肉はもちろん、骨や内臓、血液、髪の毛、皮膚、爪など、体を構成する多くの部位がタンパク質からできています。しかし、スポーツや筋トレなど運動習慣のある人は、体を動かさない人よりもタンパク質の損失量が多くなるため、より多くのタンパク質が必要となります。

 

そこで活躍するのがプロテイン。そもそもプロテインとは、英語で ”タンパク質” を意味する言葉ですが、現在は ”プロテインパウダー” のことを指す場合が多いのではないでしょうか。プロテインパウダーは、水や牛乳などに溶かして飲むのが一般的です。ヒトの体にとって重要な栄養素であるタンパク質を、効率的に摂取できるものとして広く用いられています。

 

タンパク質が不足すると、ヒトの体はさまざまな部分の機能が低下してしまいます。例えば、タンパク質不足による筋肉量の低下は、体のたるみを招きます。また、スポーツなどで体を頻繁に動かす場合は、タンパク質が不足しているとケガをしやすくなったり、ケガの回復が遅くなったりするほか、体調不良を引き起こすリスクを高めてしまいます。

 

1日に必要なタンパク質の量は、体を動かす習慣がそこまでない人と、アスリートや筋肉をつけたい人では、大きく変わってきます。

 

一般的な日本人が1日に必要なタンパク質は、”摂取エネルギーの13~20%” が理想と言われています。推奨量は、成人男性で1日60g、成人女性で1日50gほど。また、”体重1kgに対してタンパク質1g” という見方もあります。

 

一方、日常的に運動する人や筋肉をつけたい人、ボディメイクをしたい人の場合は、一般的な量よりも多めにタンパク質をとることが推奨されています。目安としては、男女ともに ”体重1kgに対してタンパク質2g” 程度。例えば、体重50kgの人が筋肉をつけたい場合は、1日100gほどのタンパク質が必要となります。

 

筋肉をつけたいからといって、”体重1kgに対して2g” のタンパク質を食事だけでとるのは、意外と大変です。タンパク質の量を優先して食事メニューを決めると、余計な脂質やカロリーを摂取してしまうことにもなります。

 

そこで活用したいのがプロテインです。脂質やカロリーをできるだけ抑え、しょくじだけでは摂取しきれないタンパク質をプロテインで補うことが、筋肉量を増やしたりボディメイクしたりする際の基本となっています。

 

また、筋肉をつけるだけでなく、体を絞りたいという場合にも、プロテインは活用されています。減量のための食事メニューでは、どうしてもタンパク質が不足しがちとなるため、必要な筋肉も失ってしまうリスクがあります。脂肪を落としつつ、できるだけ筋肉量や代謝をキープするためにも、プロテインによるタンパク質の摂取は有効なのです。

 

北浦和のスポーツ整体では、根本的な原因を探り機能分解することによって筋肉や骨格の動き方の調整を行ないます。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、いつでもクライアントの健康な生活を第一に考え、気になる症状への対処や根本的改善を目指し、効果的な施術を行なっていきます。