BLOGブログ
BLOG

北浦和のスポーツ整体。筋肉痛の予防。

2021/07/15
北浦和のスポーツ整体。筋肉痛の予防。

がんばって運動した翌日、筋肉痛になった経験はありませんか。筋肉痛とは、不慣れな運動や激しい運動で傷ついた ”筋線維” が回復過程で炎症を起こしているじょうたいです。痛みを早く緩和させるには、患部を温めたり、軽い運動を行なって血行を良くすることが大事です。予防には、運動前後のウォーミングアップやクールダウンが必要です。

 

筋肉痛にならないようにするには、日頃から体を鍛えておくことが一番ですが、なかなかそうもいきません。しかし、ちょっとした心がけで筋肉痛の発生を抑えることができます。例えば、運動前のウォーミングアップや運動後のクールダウン。また、ウォーミングアップ前にアミノ酸を摂取したり、運動した日の夜はゆっくり湯船につかったりするなどして、血行を促進させることも筋肉痛予防に効果的です。

 

以下に主な筋肉痛の予防法をご紹介します。

 

運動前にウォーミングアップする…運動前にストレッチや軽いランニングをしましょう。ウォーミングアップすることで、血行がよくなります。また、ウォーミングアップはケガの予防にもつながります。

 

運動後にクールダウンをする…激しく動いたあと、急に動きを止めると、血液の循環が急激に落ちます。疲れていても血流を持続させるために、軽い運動を行ない、徐々にスピードを下げてから停止するとよいでしょう。また、クールダウンの後は、よく使った筋肉をもみほぐすために、ストレッチをしましょう。

 

ぬるめのお湯につかる…筋肉を酷使した日は、ゆっくり湯船につかって、体の血行を促進させましょう。入浴方法は、38~39℃のぬるめのお湯に鎖骨までつかる ”全身浴” がおススメです。ただし、血圧などに不安がある方は、みぞおちまでつかる ”半身浴” にしておきましょう。体中の血管が広がって、血流が促進されます。入浴しながら、疲労している筋肉を軽くマッサージすれば、血流はさらに良くなります。

 

運動前にアミノ酸を摂取する…アミノ酸は、筋肉内でエネルギー燃焼に作用するため、スタミナアップに効果があります。およそ30分で体内に吸収されるため、運動前に補給しておくとよいでしょう。

 

水分をしっかりとる…野外運動などトイレに行きにくい状況の時は、つい水分を控えてしまうこともあります。でも、汗をかいて血液中の水分が失われると、血の循環が悪くなります。運動前には必ず水分をとり、運動中もこまめに水分補給をしましょう。また、運動後は、のどの渇きを感じていなくてもしっかり水分をとりましょう。

 

北浦和のスポーツ整体では、根本的な原因を探り機能分解することによって筋肉や骨格の動き方の調整を行ないます。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、いつでもクライアントの健康な生活を第一に考え、気になる症状への対処や根本的改善を目指し、効果的な施術を行なっていきます。