BLOGブログ
BLOG

北浦和のスポーツ整体。代償動作の問題。

2021/06/07
北浦和のスポーツ整体。代償動作の問題。

代償動作(代償運動)とは、本来の動作や運動を行なうのに必要な機能以外の機能で補って動作や運動を行なうことです。

 

代償動作が問題となってくるのは、

 

・「本来使うべき筋肉を使わずにほかの筋肉を使ってきたことにより、使われなかった筋肉の筋力が低下し、過剰に使ってきた筋肉に負荷がかかって痛みにつながること」

・「非対称な姿勢をとることにより、姿勢の歪みが生じてくること」

・「筋力の低下や姿勢の歪みが長年続くことにより、関節に負担が生じて変形性関節症などをまねくこと」

・「非効率な動作となっており、動作のパフォーマンスやスピードが落ちていること」

などがあげられます。

 

代償動作がみられ、代償動作により身体の機能的な問題が生じている場合や、動作が非効率となっている場合、日常生活に支障を来たしている場合、将来的に痛みや障害につながると予測される場合には、本来、使うべき筋肉をはたらかすように促し、関節の制限がみられる場合には関節の動きを拡げ、他の筋肉や関節に負担がかかりにくい姿勢や動作に修正する必要があります。

 

日常的な代償動作の積み重ねにより、姿勢の歪みや痛み、慢性的なコリなどがみられることもあります。気づいたらどこかにもたれかかっていたり、どちらかの足を組んでいたり、左右どちらかに体重をかけていたりと身体が休めの状態になっている場合には、身体を対称に保つこと、下腹部に力を入れること、お尻を伸ばすこと、膝の上に力を入れること、背筋を伸ばすこと、腰が反りすぎないようにすること、肩の力を抜くこと、頭のてっぺんを糸で引っ張られているように顎を引いた姿勢を保つことを意識してみるとよいでしょう。

 

筋力を鍛えるためのトレーニングを行なう際にも、鍛えたいと思っている筋肉が代償動作によって鍛えられていないこともあります。姿勢や行ない方に注意して実施するようにしましょう。

 

代償動作であっても、その人の生活の質を維持するために必要な動作であり、安全に行えているものであれば推奨すべきものもあります。大切なのは代償動作がみられたときになぜ行っているのかを探ることと、それは修正すべき動作であるのか、推奨すべき動作であるのかを判断して対処することだと言えます。

 

北浦和のスポーツ整体では、根本的な原因を探り機能分解することによって筋肉や骨格の動き方の調整を行ないます。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、いつでもクライアントの健康な生活を第一に考え、気になる症状への対処や根本的改善を目指し、効果的な施術を行なっていきます。