BLOGブログ
BLOG

北浦和のスポーツ整体。代償動作とは。

2021/06/03
北浦和のスポーツ整体。代償動作とは。

代償動作(代償運動)とは、本来の動作や運動を行なうのに必要な機能以外の機能で補って動作や運動を行なうことです。

 

例えば、以下のような何かの動作をほかの動作で補って行なうことを代償動作ととらえます。

・手を上にあげる動作を行なう際に指先からあげるのではなく、体幹を側屈させ、肩を持ち上げることで手をあげようと補うこと

・歩行時に足が上に上がりにくい際にすり足で歩くことや、ぶん回し歩行(横に足を振って前にだすこと)で足を前に出そうとすること

・骨盤や背中を起こして座ることがしんどいときに背中を丸くかがめて、背もたれて座ること

 

日常生活の場面やスポーツなどにおいて、代償動作がその人にとって改善すべきものである場合には、まず、代償動作が起こっている要因を探る必要があります。そして、本来使われるべき筋肉をはたらかすことや関節の可動域を広げること、バランス力や協調性の向上を促して、代償動作が出現しないように姿勢や動作を修正していきます。

 

健康な人の場合でも環境や運動の経験、身体の柔軟性や筋力、体力などの状態によって代償動作がみられます。

 

成長過程において裸足で歩く経験が少ないと、足の裏の筋肉を十分に使わないので土踏まずが発達しにくくなり、偏平足になります。偏平足は、つま先で地面を蹴り出して歩くのではなく、ペタペタと足底全部を床につけて代償するようになります。足の指での蹴り出しが行われないと、歩行時に体幹やお尻の筋肉が使われず、足部や膝関節、股関節、腰などに負担がかかり、痛みや関節の障害などが後々になって出てくることもあります。

 

筋力が弱かったり、身体の柔軟性が乏しかったりすると、行ないにくい姿勢や動作を、本来使うべき筋肉を休ませて、ほかの筋肉で補って姿勢や動作をとっていることもあります。姿勢のとり方や動作のしかたが一人一人違うのは、それぞれの身体の状態や環境によって行ないやすい方法で姿勢や動作をとってきたからで、長年の代償動作の積み重ねによるものでもあります。

 

北浦和のスポーツ整体では、根本的な原因を探り機能分解することによって筋肉や骨格の動き方の調整を行ないます。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、いつでもクライアントの健康な生活を第一に考え、気になる症状への対処や根本的改善を目指し、効果的な施術を行なっていきます。