BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。ストレートネック改善ストレッチその1。

2021/04/08
北浦和の整体。ストレートネック改善ストレッチその1。

今回はストレートネックを改善するためのストレッチのご紹介…

 

ストレートネックは、首の骨(頚椎)がまっすぐに近づき、頚椎アーチが失われることを意味します。それによってさまざまな不調のリスクが増しますが、ストレートネックになっている方の多くに不良姿勢が見受けられます。

 

ストレートネックになった場合、主に首のコリや肩コリ、頭痛、目の疲れといった症状が現れやすくなります。また、首は自律神経のはたらきに大きく関与する場所であるため、首の筋肉がガチガチになることで、睡眠の質が低下したり、身体の回復力が低下したり、精神的な不調が出たりするリスクも増します。

 

ストレートネックになってしまうと、身体的な悩みだけでなく、精神的な不調が現れる可能性もあります。

 

ストレートネックを治す効果的なストレッチ方法…

 

ストレートネックの改善にストレッチが効果的だとわかっていても、仕事をしているとついつい同じ姿勢を続けてしまいがち。そこで、1分以内でできる簡単なストレッチを3つ紹介します。仕事の合間や一息ついたときに実践して、ストレートネックの改善に取り組んでください。

 

・側屈ストレッチ…頭を左右に倒すだけの簡単なストレッチです。首の横には斜角筋という筋肉があり、この筋肉が硬くなることで、首のコリや肩コリ、頭痛のリスクが増します。右側の斜角筋をストレッチする場合、左手でこめかみのあたりを押さえ、軽く引っ張るようにして頭を左側に倒します。左右30秒ずつ行ないましょう。

 

・回旋ストレッチ…顔を左右に回すストレッチです。首には胸鎖乳突筋という筋肉があり、頭蓋骨と鎖骨、および胸骨を結んでいます。この筋肉が硬くなることで顔が前下方へと引っ張られ、ストレートネックのリスクを増すことになります。右側の胸鎖乳突筋をストレッチする場合、ゆっくりと顔を左に向けましょう。これも左右30秒ずつ行ないます。

 

・タオルを使った簡単ストレッチ…両手でフェイスタオルを持ち、髪の毛の生え際当たりにタオルの中央部を当てます。両手を動かさないようにして、頭を後ろに倒し気持ちよくストレッチしましょう。このストレッチを行なうことで、首の前側と後ろ側の筋肉を効率よく伸ばすことができます。

 

いずれのストレッチにも当てはまりますが、反動をつけずゆっくり行なうことがポイントになります。また、痛みがあるときには無理をして行なわないようにしましょう。

 

北浦和の整体では、まず姿勢が改善するようなアプローチを行ない、体が本来持つ自然治癒力を高めていくことで、神経・血管を圧迫する前・中斜角筋や小胸筋の筋緊張改善することでストレートネックの症状に対応していきます。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、姿勢のアドバイスや効果的な運動などもお教えしながら、ボディケアを行なっていきます。