BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。ストレートネック予防法。

2021/04/05
北浦和の整体。ストレートネック予防法。

ストレートネック(スマホ首)にならないためには、どうしたらいいでしょうか。また再発を防ぐために意識すべきこととは?

 

いったんストレートネックになってしまうと、かいぜんするまでにとても時間がかかってしまいます。そのため、普段から予防策を講じることが重要となります。

 

ストレートネックの多くは日常生活における不良姿勢によってもたらされるため、正しい姿勢を保つことが重要です。そこで、シーン別の正しい姿勢について見ていきます。

・スマホ使用時の姿勢…スマホを使う際の姿勢に気をつけることは、ストレートネックの予防につながります。スマホをのぞき込むように下を向くことでストレートネックの発症リスクが増すため、スマホを見る時には、なるべく腕を上げ、前を見るように意識しましょう。

・PC使用時の姿勢…パソコンを使うときには、画面の位置と肘および股関節の角度を意識することが重要です。最初に、両足の裏がしっかりと地面に着くよう椅子の高さを調節します。膝および股関節を90度に曲げた状態で、モニターがなるべく正面に来るようにしましょう。背筋を伸ばし、肘関節は90度以上になるよう、肩に力が入らないポジションを探しましょう。

・睡眠時の姿勢…健康な人は一晩に平均して20回から25回寝返りを打つとされているため、寝る時の姿勢に関してはそれほど神経質になることはありません。ただし、寝返りを妨げることがない寝具を選びましょう。

 

首の筋肉が硬くなると、その牽引力によって頚椎アーチが失われ、結果としてストレートネックになるリスクが増してしまいます。そのため、普段からストレッチを行ない、首周りの筋肉を柔軟に保つことが重要です。ストレッチにはリラクゼーション効果もあるため、睡眠の質を高める効果も期待できます。

 

今やスマホやパソコンは現代人にとって欠かすことのできないアイテムとなっていますが、便利さの裏にはリスクも潜んでいるものです。特にスマホやパソコンを見る時間が長くなると、ストレートネックのリスクが増し、身体だけでなく精神面にも悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、日頃から正しい姿勢を意識し、ストレッチによって筋緊張を緩和することが重要です。

 

北浦和の整体では、まず姿勢が改善するようなアプローチを行ない、体が本来持つ自然治癒力を高めていくことで、神経・血管を圧迫する前・中斜角筋や小胸筋の筋緊張改善することでストレートネックの症状に対応していきます。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、姿勢のアドバイスや効果的な運動などもお教えしながら、ボディケアを行なっていきます。