BLOGブログ
BLOG

北浦和のスポーツ整体。ばね指。

2021/03/18
北浦和の整体。ばね指。

腱鞘炎とは、腱を包む鞘(さや)である ”腱鞘” という部分の炎症のこと。特にクライアントで最も頻繁にみられる代表的な腱鞘炎に、手首が痛くなる ”狭窄性腱鞘炎” と、手の指が痛くなる ”ばね指” の2つが挙げられます。

 

腱鞘炎は、近年スマホをはじめ、パソコン、ゲームの長時間利用で発症する人も増えている現代病の一つとも言えます。

 

そのまま放置して症状が進行すると、痛みが強くなったり関節が固まって伸びなくなったりすることもあるため、手首や指に違和感や軽い痛みがあるくらいだからと放っておかずに、早めに対処することが大事です。

 

ばね指とは、指の曲げ伸ばしの際に、動きが悪かったり痛んだりする疾患です。手の指の使いすぎが原因で起こる ”指の腱鞘炎” です。症状が悪化すると、バネのように指に引っ掛かりを感じたり、自力では手の指の曲げ伸ばしができなくなるため、放っておかずに早めの対処がおススメ。

 

手の指には、”(屈筋)腱” と、腱が離れないようにトンネルのような役割をする ”(靭帯性)腱鞘” という組織があり、腱が腱鞘の中を移動することで、スムーズな手の指の曲げ伸ばしが可能になっています。

 

何らかの原因で腱鞘に炎症が起きると、腫れて厚くなり、腱の通り道も狭くなり、腱と腱鞘が擦れて痛みを感じるようになります。擦れた腱にも炎症が起きて太くなり、腱が腱鞘内を通過する際に引っ掛かるようになります。そのため、スムーズな動きが失われ、指が曲がったまま伸びにくくなるという症状になります。

 

さらに、曲がった指を戻そうとして、無理に強い力をかけると、太くなった腱が腱鞘との引っ掛かりを通過するときに、急に指が伸びる ”ばね現象” が起こります。これが ”弾発指(ばね指)” のメカニズムです。

 

ばね指の症状は…

・手の指に圧痛や腫れ、熱感がある
・手の指の曲げ伸ばしがスムーズでなく、途中で引っ掛かる
・起床時、手の指が動かしにくい など

 

上記のうちの一つでも当てはまれば、”弾発指(ばね指)” の可能性があります。ばね指は親指や中指に多くみられますが、ほかの指にもみられることがあります。また、起床時に症状が強く、日中に手を使っていると症状が和らぐのも特徴の一つです。

 

初期のうちは軽い痛みや違和感だけですが、症状が進行すると、次第に強い痛みや ”ばね現象(スナッピング)” という症状が現れるようになります。さらに重症化すると、指が動かなくなることもあるため、早めの対処をおススメします。

 

更年期~更年期以降の50歳前後の女性は、ホルモンの分泌の急激な低下に伴い、手の関節や腱鞘の水分量が変化し、腱や腱鞘が痛みやすくなるうえに、腱鞘の内部が狭くなるため、ばね指発症のリスクが高まると言われています。

 

更年期の女性と同様に、妊娠中や出産後の20代・30代女性も、女性ホルモンのバランスが乱れやすく、一時的に更年期と似たような状態に陥るため、ばね指になるリスクが高まると言われています。

 

パソコン、手を使うスポーツ(テニスやゴルフ)、家事を行なう主婦、ピアノなどで指を酷使する楽器演奏者など、日頃から手や指を酷使している人は、腱と腱鞘に大きな負荷がかかり、ばね指になりやすいと言われています。

 

関節リウマチや糖尿病のような持病がある人は、末梢の血行が悪いため、ばね指を発症しやすいと言われています。さらに、一度炎症が起きると治りにくくなり、重症化するケースも少なくありません。

 

北浦和のスポーツ整体では、手首や親指の痛みを発生させる原因である体の動かし方やバランスの崩れている部分を機能分解して、適切な施術・矯正を行い、テーピングによる矯正も加えて、腱鞘炎の症状を改善に導いていきます。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、本格的にスポーツに取り組むアスリートを対象に、運動機能改善と運動パフォーマンス向上、メンテナンスを目的として行います。それによってスポーツ障害の改善と根本的な予防、速やかな疲労回復、各部位の可動域向上をはかります。