BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。あかりの日。

2020/10/21
北浦和の整体。あかりの日。

今日はあかりの日。1879年10月21日にトーマス・エジソンが京都産の竹の繊維を炭化させたフィラメントを用いて白熱電球を完成させたことにちなんで、日本電気協会・日本電球工業会など4団体が1981年に制定しました。

 

人類の歴史は火の制御とともに始まります。火は熱と光という2つのものを人間に与えてくれました。火によって人類は天敵から身を守るとともに、食べ物を加熱調理することを覚えました。

 

そして火は夜間も人類が活動できる礎を与えてくれました。最初は松明の形で。後には燈明・ろうそく・ランプなどの形で。

 

しかしひと昔前まで、光を出すには必ず火を燃やさなければなりませんでした。それを分離した革命家がエジソンであったということもできるでしょう。

 

もっとも電球を発明したのはエジソンではありません。1879年2月、イギリスのスワンが炭素繊条を使った白熱電球を発明しました。それ以前にも火を使わないあかりとしては1821年に発明されたアーク灯もありました。(1878年3月25日に日本で最初にアーク灯がともったのが、電気記念日になっています)

 

しかしアーク灯は点灯するのに技術が必要な上、電極の消耗が激しいので絶えず電極間の距離を調整してやる必要があり、スワンの白熱電球は寿命に問題がありました。

 

エジソンは寿命の長い白熱電球を作るべく、フィラメントの素材としていろいろなものを試したあげく、一番使えそうもない素材だった ”竹” が実は最も長くもつことを発見しました。この時彼が使った竹は日本の京都産のものだったのです。

 

(その頃、日本の東芝もフィラメントの材料を探していたらしいのですが、エジソンが京都産の竹を使ったと聞き、灯台もと暗しの思いに打たれたと言います。)

 

エジソンはこの新しい白熱電球を売り出すために会社を設立、これが現在のGE(General Electric)社のもとになります。そしてこのGE社ではそのあともフィラメントの素材について研究を重ね、1910年頃GE研究所のクーリッジが引出加工したタングステンによる丈夫なフィラメントを開発。これによって電球の寿命は更に延びました。

 

この頃日本ではカラクリ儀右衛門(田中久重)の会社である東芝(当時は東京電気)が独自に開発してきた白熱電球に関する技術とGE社と提携して得られた技術をもとに安定した電球を製造、これに ”マツダ・ランプ” の名前を付けます。この ”マツダ” は ”松田さん” ではなく実はゾロアスター教の神 ”アフラ・マヅダ” からとられたものです。

 

この東芝はこのマツダランプに改良を加え、1925年電球の内面に艶消しを施したまぶしくない電球を開発、これが現在の電球の基本になっています。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、人々の暮らしを支えるあかりのように、日々の施術を行なっていきます。