BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。足底腱膜炎の対策。

2020/10/16
北浦和の整体。足底腱膜炎の対策。

足底腱膜炎で悩んでいる方は多いと思います。今日は足底腱膜炎について。

 

土踏まずのアーチが高かったり、指の付け根にタコ・魚の目はありませんか? または、朝起きて最初の一歩が痛いという経験はないでしょうか? もし、土踏まずのアーチが高かったり、指の付け根にタコ・魚の目があるのであれば、足底腱膜炎かもしれません。

 

足底腱膜炎はハイアーチや偏平足など、足底腱膜に負担がかかると発症しやすいです。症状が悪化してくると、かかとの付け根に棘ができる踵骨棘になることがあります。

 

足底腱膜炎になると、朝起きて最初の一歩が痛いことや、アーチ部が痛くなり歩けないことがあります。そのまま炎症を放っておくと、足底腱膜のかかと側の腱膜の一部が骨化して踵骨棘になり、かかとがすごく痛くなります。

 

歩けないほどに痛みが強くなると、痛む足をかばって歩くので、足や体など全身のバランスが悪くなるので、腰痛・膝痛の症状を引き起こすこともあります。足底腱膜炎が原因で全身の体調不良へとつながってしまうのです。

 

この足底腱膜炎になりやすい人は…

 

ハイアーチや扁平足の人。ハイアーチや偏平足の場合は足底腱膜に負担がかかりやすいため足底腱膜炎になりやすいです。それからたくさん歩く人。普段からたくさん歩く人や、旅行や仕事でたくさん歩いた時に足底腱膜に炎症が起こることが多いです。

 

足底腱膜炎に対する対策は…

 

シューズを履くときの工夫が一つの対策です。足に合ったインソールで土踏まずのアーチを矯正、サポートします。足底腱膜炎に対するインソールは、炎症が起きた足底腱膜をサポートし、痛みを軽減するのに効果が期待できます。

 

アーチ部に市販のパッドを当てることも効果的です。土踏まずに市販のパッドを利用して炎症が起こりづらくします。

 

足の形や、特徴に合った靴選びをします。これはハイアーチや扁平足の対策で一番大事と言えます。その理由は、足幅が広くて外販母趾などの変形がある人が、つま先の細いパンプスやブーツを選んだ場合、どんなに良いインソールを作ったところで、足が圧迫された状態でアーチサポートをしてもほとんど意味がないからです。

 

まずは、自分の足の形と、靴の形が似ているシューズを選びましょう。そして、足の浮腫みに対応できるようにヒモやベルトで微調整します。足裏が正しい位置で安定するように、骨格を支える中敷き(足底板)と、しっかりと安定し足に合った靴を使用しましょう。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、足底腱膜炎で悩んでいる方にも、適切な施術、ボディケアを行なっていきます。