BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。手首の痛み、TFCC損傷。

2020/09/18
北浦和の整体。手首の痛み、TFCC損傷。

手首の小指側が痛むような病気・ケガはたくさんあります。中でも多いのがTFCC損傷です。

 

TFCCは、日本語で 「三角繊維軟骨複合体」 と言います。TFCCは、尺骨と手根骨の間にあります。橈骨側に比べて、尺骨側の手関節は不安定のため、TFCCは手関節を安定させる役割をするハンモック状の構造をしています。

 

浅い部分にある ”三角繊維軟骨” はハンモックのような形をしていて、TFCCの先にある手根骨という複数の骨を支えるクッションの役割を持っています。

 

深い部分にあるのが ”橈尺靭帯” で、橈骨と尺骨をつなぐヒモです。馬車と馬をつなぐ手綱のような役割を持っていて、腕を回した時に2つの骨が離れ離れにならないようにはたらきます。手の位置によって、緊張したり緩んだりします。

 

普段の生活では、転倒して手の平をついてのケガが多いです。手首が沿った状態で、小指側に衝撃が加わると損傷が発生します。

 

スポーツによるTFCC損傷の多くはテニスなどの反復外力によるものが多く、スポーツ動作だけでなく日常動作でも手関節を捻る動作で痛みを生じます。野球やテニスでは反復的に回旋負荷が手関節にかかってきます。特にテニスの利き手が最も多く、フォアハンドストロークで過度にスピンをかけるショットによる受傷が特徴的。スノーボードやサッカーなどでは、単発的に転倒で手をつくことによって生じることがあります。

 

過度な手関節の尺屈の強制や尺屈回外の強制には注意する必要がありますが、完全に予防できるものではなく、症状を長引かせないことが重要です。

 

手関節、特に尺骨側の運動時の痛み、握力の低下、手が回しにくいなどが主な症状で、スポーツ動作だけでなく日常生活でのビンの蓋やドアノブを捻る、タオルを絞るなどの動作、荷物を棚に上げる動作で強い痛みを感じることが多いです。また、引っかかり感、手関節の緩み、抜ける感じなどの症状もあります。

 

手関節尺屈強制や尺屈・回外強制により手関節尺骨側の痛みをみる ”ulnocarpal stress test” が有名です。X線検査ではTFCCが映らないため、手関節造影検査あるいはMRI検査が行われます。

 

治療には保存療法と手術があります。保存療法では痛みの出るスポーツ動作を休止し、手関節の負担を減らします。痛みが強い場合、サポーターなどで局所の安静を保ちます。痛みの軽減に伴なって、TFCCの近くを走行する尺側手根屈筋や尺側手根伸筋のストレッチ、握力強化、手関節周囲の筋力トレーニングを行ないます。スポーツの再開にあたっては、装具、テーピングの着用なども考慮する必要があります。

 

手術は関節鏡でのクリーニングなどが行なわれますが、尺骨突き上げ症候群を伴なう場合、尺骨骨切り術が行なわれることもあります。競技レベルの低下を生じている場合には、正しい診断の下に適切な治療法を選択することで元の競技レベルまで復帰可能となります。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、受傷後スポーツ復帰を目指している方にも、適切な施術、ボディケアを行なっていきます。