BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。噴水の日。

2020/08/21
北浦和の整体。噴水の日。

今日、8月21日は噴水の日。1877年のこの日に開幕した第1回内国勧業博覧会で、会場の上野公園中央の人工池に日本初の西洋式の噴水が作られ始めたことを記念してです。ちなみに完成したのは9月8日。

 

ボディブラの裏にある北浦和公園には、公園の真ん中に音楽噴水と呼ばれる大きな噴水があります。決まった時間に音楽が流れ、音楽に合わせて躍動する噴水ショーを繰り広げ、訪れる人たちを楽しませています。

 

夏の今の演目は、10時に ・弦楽4重奏第17番 ・ユモレスク ・口笛吹きと犬、12時に ・ブランデンブルグ協奏曲 ・水上の音楽 第2組曲第2楽章 ・金と銀、14時に ・ウィリアム・テル ・ユモレスク ・花のワルツ、16時に ・ハンガリー舞曲第5番 ・水上の音楽第1組曲第3楽章 ・トランペット吹きの休日、18時に弦楽4重奏第17番 ・口笛吹きと犬 ・花のワルツ、20時に ・moanin ・take five、といった具合です。

 

また、夜になると噴水はカラフルにライトアップされます。とてもキレイです。

 

”噴水フルーツポンチ” をご存知でしょうか。簡単に作れて、イベントやホームパーティーの席を華やかにしてくれるフルーツポンチ。仕上げにちょっとした演出を加えることで、子どもも大人も一層盛り上がる楽しいアイデアです。

 

材料はお好みのフルーツや缶詰、カップゼリーなどとペットボトル入りのサイダー。さらに、ラムネ菓子またはソフトキャンディの ”メントス” を用意します。ペットボトルは炭酸飲料なら何でもOK。大きめのボウルや器の中央にペットボトルを立て、周りにフルーツを入れれば準備完了。

 

ペットボトルにラムネを数粒入れると…

 

シュワシュワ~とサイダーの泡が大量に発生してまるで噴出みたい。不思議な光景に思わず見入ってしまいます。サイダーが器の外に飛び散ることもなく、後にはシュワシュワおいしいフルーツポンチが完成。

 

なお見られるのはほんの5秒程度なので、見逃さないよう周りの人たちに予告するのを忘れないでください。軽い器を持参すればアウトドアでも気軽にできる噴水フルーツポンチ。どうして泡が吹き出すのかを子供たちと考えながらやってみるのも楽しそうです。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、夏を楽しんでいる方たちにも、適切な施術、ボディケアを行なっていきます。