BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。母指CM関節。

2020/08/19
北浦和の整体。母指CM関節。

スマートフォンは現代に生きる私たちにとって、一番身近でなくてはならない存在となっています。母指のCM関節(手根中手関節)は、そのスマートフォンの ”持ち方” ”使い方” の中心にあります。

 

スマートフォンを使うには、およそ 200g の物体を落とさないように支えながら画面を操作する必要があります。多くの場合、このCM関節の運動でスマートフォンの支持あるいは操作を担っているのです。

 

CM関節に起こる痛みについて、英語圏では ”texting thmb” などとも呼ばれているようで、テクノロジーの進化に伴なう一種の文明病と呼べるかもしれません(texting thmb:スマートフォンでメッセージを打つことを texting と表現するので ”メール指” と訳すのが妥当でしょう)。

 

バイオメカニクスの世界では、マンマシンインターフェースの代表のような存在として義足を思い浮かべることがあります。義足ソケットと身体の間には力のやりとりがあります。

 

走行用の下腿義足を考えると、本来人間の持つ下腿のバネであるアキレス腱よりもずっと大きな力を発揮できる素材も形状も義足では作成可能なわけですが、実際にはそこで生まれる力をどう生身の身体が制御して走るか、という問題が生まれます。

 

身体に機械をフィットさせるのか、機械に身体をフィットさせるのか、物の進化が私たちの進化を促すこともあるのかもしれません。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、身体のしくみについても奥深く考察しながら、適切な施術、ボディケアを行なっていきます。