BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。バナナの日。

2020/08/07
北浦和の整体。バナナの日。

今日は ”バナナの日”。「バ(8)ナナ(7)」の語呂合せで日本バナナ輸入組合が制定しました。

 

バナナは日本人がよく食べる果物1位だそうです。今回はバナナに含まれる栄養をご紹介…

 

暑くなると食欲がなくなる経験はありませんか。栄養のバランスが大切なのはわかっているけど、そんなにたくさん食べられない… そんなときにおススメしたいのが栄養豊富なバナナです。

 

食欲がない時でもバナナを食べると良い理由…甘さが特徴であるバナナはカロリーが高いと思われがちですが、実は1本約86kcalと低カロリーです。86kcalとはご飯だとお茶碗半分、食パンだと6枚切りの半分と同じくらいです。バナナには糖質が数種類含まれていて、種類によって体内でエネルギーに変わるスピードが異なります。そのためバナナは甘くおいしいだけでなく、速効性のエネルギー源と持続性のエネルギー源の両方を持っており、スポーツ時や体が弱って食欲がない時など様々なシーンで栄養補給に優れた果物と言えます。

 

さらに、ビタミンB群などがバランス良く含まれているため、疲労回復にも役立ちます。

 

ビタミンCも豊富…バナナにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCはシミのもととなるメラニンの生成を抑えるはたらきがあるため、美肌にも期待ができます。ビタミンCと聞くと美容のイメージがありま
すが、実はイライラを落ち着かせるはたらきもあると言われています。

 

また、ビタミンCは水溶性のため洗ってしまうと一緒に流れてしまいます。バナナは洗わずに皮むいてそのまま食べられるため、紫外線が強い今の時季におススメです。

 

美味しいバナナの見分け方…買ってすぐに食べるのではなく、皮が黄色く色づいて茶色い斑点のような ”シュガースポット” が出ている状態がおススメ。シュガースポットは決して痛んでいるということではなく、甘くなっているサインで、免疫力を高めるはたらきが高いことも明らかになっています。

 

バナナは年中手に入りやすく、手軽に食べられる果物です。ぜひジュースにしたり、夏の暑い季節には冷凍バナナにしても美味しく食べられるので、いろいろなアレンジも加えながら日常に取り入れてみるのもいいでしょう。

 

今日の関東甲信地方は昨日以上の暑さとなり、午後は熱中症のリスクが非常に高まる予想となっています。東京都、千葉県、茨城県に ”熱中症警戒アラート” が発表されました。さいたまの最高気温は37℃で猛暑日になる見込みです。

 

今日は不要不急の外出は避けて、冷たいバナナでも食べて、涼しくお部屋で過ごした方がよさそうです。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、健康に関するアドバイスや効果的な運動などもお教えしながら、ボディケアを行なっていきます。