BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。スイカは食べ合わせに注意。

2020/07/29
北浦和の整体。スイカは食べ合わせに注意。

夏を代表するデザート、スイカ。昔からスイカは食べ合わせに注意とよく言われます。前回は、一番有名な食べ合わせの悪いコンビと言われている ”スイカと天ぷら” についてご紹介しましたが、今回はまず、スイカと本当に食べ合わせが悪い物のご紹介からです。

 

ビ―ル…スイカとビールの組み合わせは明確によくありません。スイカにはカリウムが含まれていて利尿作用があります。適度な利尿作用は体の老廃物を排出してくれる大事なはたらきです。しかし、ビールにも強い利尿作用があります。二つが重なると効果がと強すぎます。いくらスイカに水分がたくさん含まれていても出る量のほうが多くなってしまいます。そのため体が脱水症状になってしまうのです。

 

コーヒー…同じ理由でコーヒーとスイカの組み合わせもおススメできません。やはり利尿作用がかぶってしまいます。ただコーヒーはビールほど飲みすぎになることが少ないので、適度に他の水分をとることができるなら問題ありません。

 

かき氷…スイカとかき氷もダメなペアです。この組み合わせで実際に失敗した人もいるのでは?スイカ・かき氷はどちらもほとんどが水でできています。ダブルで食べればどう考えても冷たい水分の摂り過ぎです。お腹を壊す確率はぐんと上がります。

 

牛乳…体質によって、牛乳に含まれる乳糖をうまく分解できずにお腹がゴロゴロしてしまう人がいます。牛乳を飲むとお腹がゆるくなりがちな人は、スイカといっしょに食べるのを控えたほうがいいです。ゆるくなったお腹に大量の水分を入れると下痢を引き起こしかねません。もちろん、普段から牛乳を飲みなれていれば食べ合わせても問題なし。

 

逆にスイカと食べ合わせのいい物の紹介。スイカは味にクセがないのであまり他の食べ物とケンカしません。なので何と食べてもそんなに悪い結果にはなりにくいですが、特別にいい物となると多くはありません。食べ過ぎると何でも-になっちゃいますから。そんな中、食べ過ぎになりにくくて美味しさと栄養価をアップさせる食材をピックアップしました。

 

塩…スイカに塩をかけて食べる…。最近はあまり見かけなくなりました。品種改良が進んでスイカが甘くなったせいもあると思います。昔は甘みの少ないスイカもたくさんありましたから。塩をかけるとスイカの甘さがキュッと引き立ちます。人間の味覚は甘味よりも先に塩味を感じるようになっています。先に塩のしょっぱさを感じ取ってその後で甘みが来るので、より果肉の甘さを舌が感じやすくなるというわけです。さらに、汗をかいた体が塩分を欲しがっているので美味しくかんじるという理由もあります。

 

ヨーグルト…ヨーグルトとスイカも相性がいい組み合わせです。カットしたスイカをヨーグルトに入れるだけ。無糖でもスイカのほのかな甘みだけで十分おいしく食べられます。ヨーグルトにはタンパク質・脂肪・カルシウムが豊富に含まれています。スイカにはビタミンCや食物繊維などヨーグルトにない栄養があります。お互いに補い合って栄養的にもバランスが良くなります。ヨーグルトは乳製品ですが、発酵して乳糖の一部が分解されています。牛乳よりもお腹ゴロゴロになりにくいのもメリットです。

 

レモン…塩と同じような原理で相性が良いのがレモンです。レモンの強い酸味がスイカの甘さを際立たせてくれます。さらにレモンに含まれるクエン酸にはミネラルの吸収を助けるはたらきがあります。ミネラル豊富なスイカといっしょに食べるのは理にかなっています。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、健康に関するアドバイスや効果的な運動などもお教えしながら、ボディケアを行なっていきます。