BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。ちらし寿司の日。

2020/06/27
北浦和の整体。ちらし寿司の日。

今日6月27日は ”ちらし寿司の日”。株式会社あじかんが制定しました。岡山のちらし寿司 ”ばら寿司” が生まれるきっかけとなった備前岡山藩主・池田光政の命日から由来します。

 

酢飯に細かく切った具を混ぜ込んだり、いろいろな具を散らして作る、ちらし寿司。地域によって、ばらずし、ばらちらし、五目すしなどと呼び方が変われば、作り方もいろいろあります。具材を工夫することで、ひな祭りや誕生日などの祝い事といったハレの日の料理として、また手軽な家庭料理として親しまれています。

 

なかでもばらずしは、祭りずしなどとも呼ばれる岡山県を代表する料理の一つです。備前の国(岡山県)の藩主であった池田光政は ”質素倹約” を奨励し、食事は ”一汁一菜” にするようにと布告しました。これに対し、ご飯に様々な具を混ぜ込むことでひとつにしたという庶民の工夫が、ばらずし誕生のきっかけになったと言われています。

 

江戸前寿司においては、白い酢飯の上に、にぎり寿司に用いる寿司種を並べたものを指しますが、関東周辺以外の地域では一般に、酢飯に調味した具材を混ぜ込み、錦糸卵や海苔などで飾り付けを施したものをちらし寿司と言います。

 

発祥は鎌倉時代に起源を持つとされる ”五目ちらし寿司” のほうが古く、”江戸前のちらし寿司” は江戸時代後期に寿司職人の ”まかない飯” として誕生したと言われています。

 

江戸前ちらしは、江戸前にぎり寿司からの派生として明治以降に普及した料理です。生ちらし、吹き寄せちらしとも呼ばれます。酢飯ではない飯を使用したものは一般に海鮮丼と呼びます。

 

使用する種は、マグロ、白身、光り物、アカガイ、イカ、エビ、タコ、イクラ、ウニ、アナゴなどの魚介類と、卵焼き、かんぴょう、シイタケ、おぼろ、ガリなど寿司の素材に用いられるものが一般的で、ワサビを添えることが多いです。

 

醤油を使う場合は全体にかけず、手塩皿に取って食べるのが作法とされます。これは用いられる種の多くが酢締めや煮しめなど江戸前寿司の仕事を施されたものであるため、素材によって適切な味付けが異なるためです。

 

江戸前ちらしが主流の地域では、酢飯の上に細かく切った寿司種や生魚をランダムに配置する盛り付けのことを ”ばらちらし” と呼ぶことがあります。

 

東京発祥の、にぎり寿司の種として用いる生魚などを寿司飯の上に並べたものを関東ではちらし寿司と呼んでいますが、それ以外の地域では、以下の料理をちらし寿司と呼びます。

 

酢飯の中に混ぜ込む具として、一般に干し椎茸やかんぴょうの煮しめなどをベースに、茹でたニンジン、酢蓮根、タケノコ、ちくわやかまぼこ、甘く煮しめた油揚げや高野豆腐など、地域・家庭ごとに多様な具が用いられます。

 

これらの具を混ぜ込んだのち、茹でたタコ・エビ、焼穴子などを載せ、でんぶ、茹でて刻んだ絹莢やインゲン、錦糸卵、刻み海苔、ガリまたは紅生姜などをあしらいます。さらには木の芽や菜の花、ふきのとうなどで季節感を出す工夫も可能です。リンゴ、ミカン、サクランボなどの果物を載せる場合もあります。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、ヘルスケアに関するアドバイスや効果的な運動などもお教えしながら、ボディケアを行なっていきます。