BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。芒種。

2020/06/05
北浦和の整体。芒種。

今日6月5日は二十四節気の9番目、”芒種”。芒種は、節気の中でも最もマイナーな節気。ちょうど本州が入梅する時期に当たり、”芒種” ではなく、”梅雨” のほうが似あってるのではないかと思ってしまいます。

 

実は、芒種には深い意味があります。芒とは、イネ科の中でも穀類として食用になることの多い花・種子の外殻にある、固い針のような毛・棘 「ノギ」 のある種類のこと。”芒種” とは、多くのイネ科の植物の穂が成熟して実=種子ができる頃を意味します。

 

ほとんどの歳時記で ”イネ科の作物の撒種をする頃” としていますが、これは厳密に言えば間違い。二十四節気や七十二候で農事そのものが表されることはないからです。

 

6月に入ると、目立って数多くのイネ科の植物が穂を出し、実らせている姿を見るようになります。チガヤ、ミノボロ、カニツリグサ、クサヨシ、カモジグサ、セイバンモロコシ…あげればキリがありません。秋の草の印象の強い ”ネコジャラシ”=エノコログサなども、この時期頃から穂が実り、種をつけているのを見ることができます。こうした植物の、「麦類の種子も成熟するために刈り取りの時期だな」 という農事的判断になります。

 

仲夏(芒種・夏至)から晩秋(寒露・霜降)のころにかけての夏、秋はまさにイネ科の植物が次々に実るイネ科の天下。盛夏にかけてはトダシバやヨシ、カラスムギ、ライ麦、そして秋になればススキ、オギ、チカラシバと、次から次へと実りの穂を掲げていきます。

 

芒種とは、こうしたイネ科植物の長い実りの季節に至った、ということを表しているのです。時季外れだとか日本の季節に合わないとか、非難めいた言説をよく見かけますが、二十四節気の叙述は単にその時期の典型的な気象や風物を並べたものではなく、陰陽思想に基づく大きな流れがあり、それぞれが他の節気とも関連性があるということです。

 

”芒種” は、春から続いてきた ”生育と成長” の季節から、”成熟と成果” の季節に移行したことを示しています。”梅雨” では、その時期という点のみは表せても、流れ=線を表すことはできません。

 

1年の営みは人間の一生とも対応しています。”冬至” に生まれ落ちた生命は、次第に強くなる陽気を受けてすくすくと育ち、”啓蟄” で歯が生え変わり幼児から子供に、”清明” で理性的意識が芽生えて少年に、”小満” で第二次性徴と骨格が形成される青年に、そして ”芒種” でいよいよ大人、つまり壮年期に入るのです。

 

”芒(ぼう)” は ”忙” の意味も併せ持ち、学び働き、育児生産する人生でも実り多い忙しい時期であることも意味しています。

 

俳句に季語という独特のルールを持つ私たち日本人は、どうしても二十四節気や七十二候を、歳時記的な季節の彩り、風情というポエジーなものとして捉えがちです。二十四節気や七十二候は、ポエムではなく体系思想に基づく暦学であり、世界や人間を理解するための哲学なのです。

 

芒種の次の節気は夏至(6月21日)。日本の大部分では梅雨の最中。北半球では一年中で一番昼が長く夜が短い日です。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、梅雨入り前後の新緑の中を駆け抜けるランナーたちにも、効果的なメンテナンス・施術を行なっていきます。