BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。春一番。

2020/02/15
北浦和の整体。春一番。

今日2月15日は ”春一番名付けの日” だそうです。安政6年(1859年)旧暦2月13日、壱岐郷ノ浦の漁師53人が五島沖で突風に遭い全員が死亡しました。それ以前から、郷ノ浦の漁師の間で春の初めの強い南風が ”春一” と呼ばれていて、これが ”春一番” の語源とされています。

 

一般的に春一番は、北日本と沖縄を除く地域で例年2月から3月の半ば、立春から春分の間に、その年に初めて吹く南寄りの強い風を指します。春一番が吹いた日は気温が上昇し、翌日などは寒さが戻ることが多いとされます。これを ”寒の戻り” と言います。

 

春一番が発生する条件は…立春から春分までの間に、日本海を進む低気圧に向かって、南側の高気圧から10分間平均で風速8m/秒以上の風が吹き込み、前日に比べて気温が上昇することを発生条件とします。

 

ただし、「日本海を進む低気圧に向かって」 という条件は比較的幅広く解釈されることもあります。たとえば、2006年3月6日には、北海道の北に低気圧があったものの、この低気圧に向かって吹いた南寄りの
強風が春一番と認定されました。また、春一番は必ずしも毎年発生するわけではなく風が春分の日までに気象台の認定基準に当てはまらず「春一番の観測なし」 とされる年もあります。

 

春一番が観測されたとき以降、同じ年に同様の南風が複数回発生した場合には、俗に ”春二番” ”春三番” と呼ぶことがあります。2013年2月2日には、南方の暖かい風が吹き込み全国的に気温が上昇しましたが、立春の前であったために、定義上、気象庁はこの風を ”春一番” とはしませんでした。

 

今日は北日本から東日本は、高気圧に穏やかに覆われて、さいたまは晴れまたは薄曇りとなっています。予想最高気温は17℃で3~4月並みとなりそうです。

 

去年、関東で春一番が観測されたのは、例年より遅く3月9日でした。今年は暖冬と言われているだけに春一番も早く吹いてくれそうな気配がします。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、春一番が吹くランニングコースを駆け抜けるランナーたちにも、効果的なメンテナンス・施術を行なっていきます。