BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。体幹。

2020/02/07
北浦和の整体。体幹。

体幹とは体軸骨格を指します。体軸骨格というのは、脊椎つまり頭部から頚椎、胸椎、腰椎、仙椎まで、そして肋骨を含む胸郭、これを体幹と呼びます。

 

”体幹が強い” と言うと、外力に対して ”ブレない、当たり負けしない” という意味合いになります。でも決して ”体幹がムキムキでガチッと硬い” とは限らないわけです。動きの中でブレないためには、動的に安定する必要があります。しなやかでかつ強い動きには、やはり体軸骨格自体の動きもそうですし、体軸骨格と周りの付属肢骨格の効率的な力の伝達だったり、それらが達成されてはじめて ”体幹が強い” と感じるのではないでしょうか。

 

体幹と一言で言うと難しいのですが、”体幹が強い” ということは、体軸骨格と付属肢骨格の連動がよかったり、安定がよかったりという状態ということです。

 

実際にスポーツ時に必要とされる体幹の強さなど、必要とされるものは種目によって違ってきます。外力の大きいタックルやスクラムのようなコリジョン系と、動きが速くてしなやかな動作が必要な回旋系では、違う役割が求められます。

 

体幹の強さは、可動性や筋力であれば数値化できます。また腹腔内圧も数値化できます。しかし、数値化できても 「あの人の体幹は強いね」 とか 「ブレないね」 を数値で表すのは簡単ではありません。「ここが弱い」 といったことも、動きの少ない部分や左右差、抵抗をかけたときの代償動作などを見て、相対的な判断をしていくことになります。

 

「腹圧がかかる=体幹が効いている」 と勘違いされやすいのですが、腹圧が高まるのは、衝撃の強いタックルやスクラムのようなときで、息を止めて、瞬間的にいきむような場合です。一方、水泳やランニングのように持続的に姿勢を保って運動する場合では、腹圧はほとんど高まらないことが分かっています。関節運動や筋機能で姿勢を保つことが重要です。

 

また呼吸も重要な要素です。体幹を考える時に、”姿勢の制御” と ”呼吸の制御” の両者がさまざまなシチュエーションでうまくはたらくという視点が重要です。息を止めて呼吸を犠牲にして腹圧を上げる場合もあれば、腹圧を半分くらい上げて呼吸を続ける場合もあります。この ”半々” がうまくできない場合があります。

 

体幹のトレーニング中に低負荷でも無意識に息を止めたり軽く踏ん張ったりする人もいます。最初は意識的に練習をしていきますが、無意識にできるようになれば、プレー中も自然にできるようになってきます。

 

スポーツをやっている人がケガを予防するために、体幹をしっかりさせることは大切なことです。それは、柔軟でしなやか、かつ強いということが重要となります。いろいろなシチュエーションに対応できる体幹はケガの予防につながってくれるはずです。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、体幹を鍛えるスポーツマンにも、効果的なメンテナンス・施術を行なっていきます。