BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。鏡開き。

2020/01/11
北浦和の整体。鏡開き。

今日1月11日は ”鏡開き”。鏡開きとは、正月に神(年神)や仏に供えた鏡餅を下げて食べる、年中行事。

 

どこのご家庭でもお正月のお供えとして鏡餅が飾られています。この鏡餅をずーっと飾っておいたり、食べずに処分してはいけません。鏡餅を飾っておくだけだと、年神様にお供え物をしたにすぎません。鏡餅は単なるお供え物というよりも、年神様が宿るところだと考えられているので、鏡餅を開くことで年神様をお送りするという意味もあります。

 

また、年神様の力が宿った鏡餅をいただくことでその力を授けてもらい、1年の一家一族の無病息災を願います。鏡餅は、供えて、おろし、開いて食べてこそ意義があるのです。ですから、小さなかけらも残さず食べてください。

 

さらに、鏡餅には ”歯固め” という意味もあり、鏡開きは ”歯固め” の儀式に由来します。丈夫なあの持ち主は何でも食べられ長生きできるので、新年の健康と長寿を願い、固くなった鏡餅を食べました。

 

鏡開きで正月に一区切りつけるということは、その年の仕事始めをするという意味がありました。武士は具足などを納めていた櫃(ひつ)を開き、商家では蔵を開き、農村では田打ちという作業をして1年の出発としていました。剣道などの武道で、新年の道場開きに鏡開きをする(またはお汁粉などをふるまう)のは、その名残りです。

 

もともと武家から始まった行事なので、刃物で切るのは切腹を連想させるため、包丁などの刃物で切るのは禁物で、手で割り砕くか、槌(つち)で開くようになりました。また、「割る」 という表現も縁起が悪いので、末広がりを意味する 「開く」 を使うようになり、「鏡開き」 になったのです。

 

今はあらかじめ小分けにされた餅をパック詰めした鏡餅が主流になり、鏡開きはパックを開くだけになりました。やはり餅を包丁で切ってはいけませんが、包丁の出番すらないでしょう。

 

鏡餅は、その文化的意味合いからすると、お雑煮にして食べるのが最も良い方法と言えます。また、魔除けの意味を持つお汁粉にするのも昔ながらの食べ方です。かきもちにする方も多いと思いますが、かきもちの 「かき」 とは、手や槌で割ることを 「欠き割る」 ということから 「欠き餅」 になりました。かきもちは、油で揚げて塩や醤油をまぶすだけ。揚げたてはとてもおいしく、おやつやおつまみにぴったりです。

 

最近は、お餅料理のバリエーションが増えており、お餅ピザなど様々なレシピがあります。鏡餅は、小さなかけらも残らず食べることが大切なので、いろいろと工夫して食べ切るようにしましょう。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、鏡餅を食べて力がみなぎっている方にも、効果的なメンテナンス・施術を行なっていきます。