BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。今年こそランニングを始めよう。

2020/01/08
北浦和の整体。今年こそランニングを始めよう。

2020年がスタートしました。新しい1年が始まったからといって、人生がいきなり大きく変わることはないのですが、”1年の計は元旦にあり” と言うように、年が切り替わるこのタイミングは、何か新しいことを始めるチャンスです。

 

まだ今年の目標を決めていないという人は、ランニングはどうでしょう。「もう何回も挫折してるよ」 という人も、今年こそ継続できるように、今日はランニングを始めるときのポイントをご紹介していきます。

 

まず出鼻をくじくようで申し訳ないのですが、最初にお伝えしなければならないのは、残念ながら1~2月はランニングを始めるのに適していないということです。理由はいたってシンプル、”寒いから” です。

 

冬の寒い日はベテランランナーでも、走る準備をして外に出るのは億劫になります。強い気持ちがあれば大丈夫と思うかもしれませんが、ランニングは ”強い気持ち” や ”耐える” ”頑張る” というスタンスでは続きません。

 

マラソン大会を走るなら、多少は頑張らなくてはいけませんが、ランニングを継続するのに大事なのは ”楽しいから走る” という感覚。誰かに走らされるのではなく、自分が気持ちよくなるから、楽しくなるから走るというのが理想です。

 

寒いときに無理して走っても、頑張れるのは最初だけです。本格的に走り始めるのは桜が咲き始めるころからがベストだと考えておきましょう。ですから1~2月に走り始めて、続けられなかったとしても自分を責めてはいけません。それが普通だから。

 

冬に挫折しても、春から仕切り直しでOKです。それくらい緩い気持ちで始めましょう。

 

とは言っても、”鉄は熱いうちに打て” が鉄則。せっかく走る気になったなら、今すぐにでも走り始めたいですよね。そういう人は、土日などの休日の暖かい時間帯を狙って走りましょう。平日の朝や、仕事から帰ってから走る必要はありません。

 

もちろん、走りたい気持ちが高まったら、寒い時間帯に走ってもかまいませんが、基本は天気の良い休日に走ってみましょう。できれば気温は10℃以上欲しいところ。風の強い日は体感温度が下がってしまうので、体感温度指数(10=防寒着必須の寒さ、100=猛烈な暑さ)が30以上になっている日がおススメです。

 

1月から走り始めるなら、仲間と一緒に走るという方法もあります。自分一人ではくじけそうになることも、仲間がいれば乗り切れます。仲のいい友達や同僚を誘って一緒にランニングを始めるのもいいですし、すでに走っている知人に声をかけてみるのもいいでしょう。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、ランニングを始めたばかりのランナーたちにも、効果的なメンテナンス・施術を行なっていきます。