BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。立秋。

2019/08/08
北浦和の整体。立秋。

今日8月8日は二十四節気の13番目、”立秋”。夏至と秋分の中間で、昼夜の長短を基準に季節を分ける場合、今日から立冬の前日までが秋となります。二十四節気が成立した中国内陸部は大陸性気候のためこの時期は気温が下がり始めていますが、海に囲まれた日本列島ではピークがずれ込み、猛暑の時期となることが多いようです。

 

夏が極まり秋の気配が立ち始めるころ。”暦便覧” には 「初めて秋の気立つがゆえなればなり」 と記されています。夏の全国高校野球大会も毎年立秋の頃に開幕しており、今年は一昨日開会式が行われています。

 

”立秋” は ”秋立つ” ”秋に入る” ”秋来る” などとも言います。「秋になった」 ではなく 「秋がやって来るよ」 という合図なのです。七十二候の初候は ”涼風至(すずかぜいたる)” です。

 

私は今朝5時半、見沼にランニングに出ましたが、雲が高いところに流れていていくらか涼しい風が流れていました。

 

花に目を向けると…秋の七草がこの時期から見ごろを迎え始めます。秋の七草とは…萩・芒(すすき)・桔梗(ききょう)・撫子(なでしこ)・女郎花(おみなえし)・葛(くず)・藤袴(ふじばかま)。草と言っても花がきれいなものばかりです。

 

秋の七草の覚え方…「はぎ、すすき/ききょう、なでしこ/おみなえし/くず、ふじばかま/あきのななくさ
」 と和歌のように五・七・五・七・七にすると覚えやすいようです。

 

8月初旬の初候は、残暑と呼ばれるようになる頃…風も変わり始め、暑さの中にそろそろ涼しい風が吹き始める、ということを表しているのが ”涼風至”。このころに美味しくなるのが 「桃」 です。最近では8月8日、9日、10日は語呂合わせで 「白桃(ハクトー)の日」 と呼ばれています。

 

このように、野に咲く草花の彩りや果実が変わり、吹く風が変わり…風が変わると空が変わります。雲の形や見える星、月の光など、目に映るものが次々に変わっていきます。夏という 「暑くて熱い」 大きな季節を惜しみつつ、うつり変わっていく季節を見送っていく。日本人に生まれて本当によかったと思ってしまいます。

 

立秋の次の節気は処暑(8月23日)。処暑になれば、暑さが峠を越えて後退し始める季節になります。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、夏を乗り切り、更にスポーツに取り組んでいる方にも効果的なメンテナンス・施術を行なっていきます。