BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。腓骨筋腱炎。

2019/07/22
北浦和の整体。腓骨筋腱炎。

ランニング動作の中で踏み込みの瞬間に、外側にあるくるぶしの後ろが痛くなることがあります。

 

ランニング時のオーバーユースで腓骨筋腱炎になっていることが考えられます。足の外側から、外くるぶしの後ろを通り、ふくらはぎへ向かう腓骨筋腱は、足の裏を屈曲させたり、足首を屈曲させたり、足首を外側に向ける働きをします。使い過ぎでタイトネスが生じてくると、腓骨筋腱が中足骨に付着する部分に痛みが生じてきます。

 

この状態を放っておくと、腓骨筋腱脱臼に発展することがあります。腓骨筋腱が足関節を背屈矯正された際に、上腓骨筋支帯を損傷し、くるぶしを乗り上げることで脱臼が起こります。

 

足の外側、骨が出っ張った部分(外くるぶし)の後ろ側には、腓骨筋腱という太い腱が走っていて、足を外側に向ける働きをしています。

 

この腱がランニングなど、足関節のオーバーユースによって、炎症を起こして痛みが出ることがあります。これは ”腓骨筋腱炎” と呼ばれるもので、腱鞘炎の一種。

 

ハードな走り込みをしている時期などは、踏み込みの瞬間に痛みを感じますが、走るのをやめると痛みが軽くなります。特に土踏まずのあーりが高い人は、この腓骨筋内にストレスがかかりやすくなるので要注意です。

 

患部を押して、痛みがなくなるまでは軽いランニングにとどめ、ランの後にはアイシングをするようにしましょう。また、足首まわりのストレッチや、腓骨筋の筋力強化トレーニングを行なうことが予防につながります。

 

先日、100キロウルトラマラソンを1週間後に控えて腓骨筋腱炎になってしまったランナーの方がボディブラに来院しました。やはり走り過ぎで痛めたようで、レースまでに3回ほど通っていただき、前日にテーピングをして、レースに臨んでもらいました。結果はなんと、ご本人からゴール直後に 「完走できました」 と吉報が入りました。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、受傷後スポーツ復帰を目指している方にも、適切な施術、ボディケアを行なっていきます。