BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。足底腱膜炎。

2019/06/15
北浦和の整体。足底腱膜炎。

足底腱膜は踵底部から足趾に向かって広がり、足の縦アーチを形成し、足部にかかる衝撃を和らげるはたらきをします。前足部で蹴り出す際、ウインドラス機構がはたらき、足底腱膜には伸張ストレスが加わります。繰り返される切り返し動作やジャンプ動作、特に”二―イン・トゥーアウト”のような不良アライメントがみられる場合、さらに伸張ストレスが加わり発症します。

 

踵部接地時の衝撃を吸収し、立位の足部安定化に寄与しますが、ランニング動作などで、踵骨付着部にけん引力と荷重による圧迫力が加わり痛みが生じます。ランニング愛好家やバスケットボール選手に多いのが特徴となります。

 

踵骨に骨棘が観られることも多いですが、必ずしも痛みと一致するわけではありません。下腿三頭筋(腓腹筋・ヒラメ筋)のストレッチ、インソールによるアーチ補正などが有効です。

 

発症の原因となりやすい身体機能の特徴としては…


・足関節の背屈可動域低下 ・下腿筋群(下腿三頭筋など)の柔軟性の低下 ・足関節周囲筋力の低下 ・足部アライメント異常(足部外転、ハイアーチなど) ・片脚バランス能力の低下 ・ランニングフォーム異常

などが挙げられます。

 

重度で運動中の痛みにより競技参加に支障がある場合は荷重運動を休止する必要があります。症状が軽度な場合は参加する練習内容の調整によりスポーツ活動を継続することもできます。特に痛みが出現する動作は十分に確認し、その運動は痛みがなくなるまで避けます。

 

リハビリでは、足関節可動性をきちんと確認して、柔軟性低下がみられる場合には足関節周囲のストレッチやマッサージ、筋力トレーニングを行ないます。

 

一時的な安静により痛みが緩和しても、スポーツ活動を再開すると症状がぶり返すことが多いので、ランニングやジャンプ・ストップ系のトレーニングを再開する前に、前述のような柔軟性低下やフォーム異常はしっかりと改善させておくことが重要です。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、受傷後スポーツ復帰を目指している方にも、適切な施術、ボディケアを行なっていきます。