BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。天気痛。

2019/06/11
北浦和の整体。天気痛。

今日6月11日(火)は、雑節のひとつ「入梅(にゅうばい)」です。梅が黄色く色づく頃で、暦の上で梅雨入りとなります。関東甲信では先週7日(金)に梅雨入りして、本格的な梅雨シーズンを迎えました。今日のさいたまは、朝はくもりで肌寒かったのですが、今は青空が広がってきています。予報では、関東の東海上の低気圧や日本海に発生する低気圧の影響により、くもりで夜は雨となる見込みです。

 

”梅雨どきは他の季節に比べて体に不調が出やすい”と言われますが、「湿気と低気圧で偏頭痛がする」、「腰痛になり痛くて歩けなくなるほど」、「梅雨に入る直前にぜん息の発作が出る」など、いろいろな症状を訴える人が多いようです。

 

梅雨どきの体調不良は典型的な”気象病”と言えます。気象病とは気圧や温度、湿度の変化の影響を受けて引き起こされる不調や病気のことです。気圧が低下し、湿度が高くなり、梅雨冷えと蒸し暑さで気温変化が大きいことが大きな要因となります。

 

食欲がない、体がむくむ、めまいがする、ぜん息が悪化する、足や腰の関節が痛む、うつ傾向が現れてふさぎ込むことが多くなるといった、多種多様な症状が出てきます。

 

梅雨の時期に気象病が増える理由として、内耳が大きく関係していると言われています。耳の鼓膜の奥にある内耳は気圧の変化を感じる気圧センサーなのですが、この気圧センサーが敏感に反応し過ぎると脳に過剰な情報が伝わり、自律神経が乱れて体にさまざまな変調が起こってきます。

 

自律神経のうち交感神経が活発になると血圧が上がったり痛みを感じ、副交感神経が活発になると眠くなったりだるくなったりします。自律神経の乱れがぜん息の悪化や足腰の関節の痛みにつながることもあります。

 

気象病の中の関節痛のように痛みを生じる疾患の中にも気象要因との関連で症状の変化がみられる側面を持つものも多く、特に”天気痛”と呼ばれています。

 

・関節痛などの痛みは、低気圧の接近や通過によって強くなり、また雨の降る前が最悪で、降ってしまうと軽快する。
・関節は気圧の低下によって膨張し痛みを生じるが、炎症が強いほどその痛みが強い。
・温度の低下による痛みの悪化は、交感神経への刺激による。
・湿度の上昇も痛みを強くすることがある。
などのことがわかっています。

 

その一方で、心因性要素の関与も大きく、気象変化がストレスを引き起こすストレッサ―となり、主に大脳辺縁系(感情や記憶に関係する脳の部位)に影響(不安や抑うつ)を与え、自律神経系に病的な変化をもたらします。

 

「病(痛み)は気から」と言いますが、「気」は気象であり、感情なのです。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、体と心にストレスを抱える方にも効果的なメンテナンス・施術を行なっていきます。