BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。ランニング時におけるスピネーション。

2019/06/03
北浦和の整体。ランニング時におけるスピネーション。

アライメントの歪みで着地が不安定になり、ランニングによる障害を発生しやすくなってしまいます。

 

アライメントとは配列を意味し、骨の形状、関節・骨の並びを表現する際に用いられる言葉。各関節にはストレスが少なく、関節本来の動きを妨げることのないアライメントが存在し、それを取り戻すことで姿勢が整い、身体機能を改善し、ランニングによる障害から体を守ることができます。

 

足底から見るランニング時の理想的な重心移動を考えると、踵から着地した場合、足裏にかかる圧の中心(足圧中心)は、通常踵の中央から始まり、次に足部外側へと移動し、最後に親指に抜けるように移動します。

 

足圧とは足と地面との間で生じる圧のこと。ランニング(あるいは歩行)時には、着地から蹴り出しまでの間で、この圧の中心(足圧中心)が足底を移動します。

 

スピネーション(過度な回外)の場合、ラン時の重心移動は、足圧の中心が踵から極端に外側に曲がり、親指の付け根に抜けている状態になります。足の外側だけに負荷がかかっているような感じです。この状態だと、足指を使えなくなります。

 

引き起こしやすい障害としては…

 

短腓骨筋腱付着部炎:外くるぶしの前下方、小指の付け根部分に痛みが出ます。接地時の重心が外側に偏っている場合に発生することが多く、疲労骨折との鑑別が必要になります。

 

腓骨疲労骨折:下腿の外側に痛みが発生するのが特徴です。体重を支える骨ではないため、筋肉の過剰な収縮によって引き起こされると考えられています。

 

内反小趾:足の小指が内側に変形することで小指の付け根が外側に突出し、この部分がシューズの内壁にぶつかることで痛みが生じてしまうことを言います。

 

足底腱膜炎:踵の前方や土踏まずの前方部分に痛みが出ることが多く、朝起きた直後の歩き始めの痛みが特徴的な障害です。足底に過度な負担がかかると発生します。

 

足関節内反捻挫:足関節の外側にあるじん帯の損傷。足首を内側に過度に捻ることで受傷します。重症度に応じて、外くるぶしの前方から下方・後方へと痛みの範囲が広がります。

 

このような痛みを防いで走るためには、その原因を追究することが大事です。走って生じる、その痛みのメカニズムを足裏から解明する必要があります。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、受傷後スポーツ復帰を目指している方にも、適切な施術、ボディケア、テーピングを行なっていきます。