BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。小出監督の話。

2019/04/26
北浦和の整体。小出監督の話。

日本陸上女子長距離の指導者・小出義雄氏が一昨日24日の朝、肺炎のため千葉県内の病院で亡くなられました。80歳でした。今日は小出監督について…

 

小出監督は、2000年シドニーオリンピック・マラソン金メダルの高橋尚子選手をはじめ、数々の名選手を育てた名監督です。大きなサングラスがトレードマークでもありました。

 

1939年(昭和14)4月15日、千葉県佐倉市生まれ。千葉県立山武農業高校3年のときに全国高校駅伝3区を走り、チームは29位でした。卒業後、家業の農業に従事していましたが、陸上競技への思いを断ち切ることができず、電話工事のアルバイトや工事現場の作業員をやりながら、昭和高圧(現・高圧昭和ボンベ)駅伝部で競技を続けた後に、苦学の末、22歳で順天堂大学体育学部に入学します。

 

箱根駅伝に3年連続出場。1年時の第38回は5区・区間10位、2年時の第39回は8区・区間3位、3年時の第40回は8区・区間5位となります。

 

1965年に順天堂大学を卒業。保健体育教師となり、千葉県の公立高校教員に勤務します。県立長生高校、県立佐倉高校、船橋市立船橋高校で教鞭をとり、鈴木秀夫(元ユニクロ女子陸上部監督)、河合美香(元リクルートランニングクラブ選手)らを育てました。

 

野木丈司(1978年千葉県高校駅伝優勝・現プロボクシングトレーナー)は佐倉高校時代の教え子。鈴木大地(1988年ソウルオリンピック100m背泳ぎ金メダル・現スポーツ庁長官)は市立船橋高校時代の教え子で、順天堂大学の後輩でもあります。

 

佐倉高校時代の1978、79年に全国高校駅伝出場を果たし、1986年に第37回全国高校駅伝で市立船橋高校を、2時間6分30秒の当時の高校最高記録で優勝に導きます。

 

1988年、教職を辞め、リクルートランニングクラブ監督に就任。1997年にリクルート内部の確執から積水化学女子陸上部に移籍します。2001年に佐倉アスリート倶楽部(AC)を設立、代表取締役兼監督に就任。2002年12月に積水化学を退社、佐倉ACに籍を置いて豊田自動織機やユニバーサルエンターテインメントなどで指導していました。

 

今年3月31日、佐倉ACがユニバーサルエンターテイメントと結ぶ指導委託契約が満了するのを機に、小出監督は自身の体調も考慮して、トップアスリートを育成する立場から外れることになりました。

 

小出監督は、2000年シドニーオリンピックの高橋尚子のほかには有森裕子(1992年バルセロナオリンピック・マラソン銀メダル)、鈴木博美(1997年世界陸上アテネ大会・マラソン金メダル)、千葉真子(2003年世界陸上パリ大会・マラソン銅メダル)らを指導しています。

 

小出監督と言えば、「ほめて育てる」スタイルの選手指導法で有名ですが、その選手の性格に合わせて、やり方も変えていたようです。高橋尚子の場合は、単純でのりやすい性格だったので、とにかく「いいよ、いいよ。Qちゃん。」と褒めちぎっていたそうです。

 

小出監督は陽気で酒好きなタイプで、高橋尚子がシドニーオリンピックで金メダルを獲ったときに、レース途中の様子を見て「優勝間違いない」と確信して、祝杯と称して酒を大量に飲んで、ゴールの瞬間にも間に合わず、祝勝会にも参加できなかったようです。

 

2002年12月に小出監督が積水化学を退社するとともに、高橋も2003年2月に積水化学を退
社し、2003年6月から2年契約でスカイネットアジア航空に所属し、佐倉ACで引き続き監督の指導を受けることになります。2003年11月16日東京国際女子マラソンに、翌年のアテネオリンピック日本代表選出を目指して出走しますが、30km付近でスタミナ切れのため、失速してしまいます。

 

私はそのときの状況をTVで見ていたのですが、レース後の小出監督の弁の中に「あれはQちゃんのせいじゃない。すべて、Qちゃんの体調管理をできなかった自分の責任だ。」という言葉があったのを鮮明に憶えています。

 

小出監督はこうも言っています。「監督がゴールにいてあげるべき時は勝った時ではなく、負けた時に”お前が悪いんじゃない、俺が悪いんだ”と慰めるためだ。」

 

指導者としての最後の大会になったのは今年の3月10日の名古屋ウィメンズマラソンでしたが、その会場で偶然にも自らが育てた有森、鈴木、高橋らもいたため、みんなで写真を撮ったのが最後になったと愛弟子の有森が語っています。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、監督やコーチの指導のもと、トレーニングを続けている方にも、施術、ボディケアを行なっていきます。