BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。穀雨。

2019/04/20
北浦和の整体。穀雨。

今日は4月20日、二十四節気の6番目の”穀雨”に当たります。期間としての意味もあり、今
日から次の節気”立夏”前日までを言います。

 

暦の上では、春雨が降って穀物を潤し、芽を出させるころ。穀雨とは、穀物の成長を助ける雨のこと。”暦便覧”には「春雨降りて百穀を生化すればなり」と記されています。

 

穀雨の終わりごろに八十八夜があります。また、期間の”七十二候”の次侯は『霜止出苗(
しも やんで なえ いず)』で、「霜が終わり稲の苗が生長する」となっています。

 

今日のさいたまは晴天。昨夜は暦どおり雨が降りましたが、今日は春の日差しがたっぷりと降り注いでいます。見沼では春の花が、青空をバックにたくさん咲いています。

 

今朝はよく晴れたために放射冷却が強まり、最低気温が10℃ぐらいまで下がりました。”放射
冷却が強まる”というのは、熱がどんどん逃げてしまうということで、もし雲があれば、カバーの役目をしてくれるのですが、雲がないので、日が昇る前の朝は、地面近くの熱が上空に逃げて行ってしまいます。

 

明日日曜日は、雲が多くなりそうですが、雨を降らせるような雲ではなさそうです。最高気温も20度前後まで上がるようです。そして来週は”寒の戻り”はなさそうです。気温は、週末にかけて徐々に上がる予報です。

 

穀雨は雨が降り、穀物にはとてもよい季節ですが、人間にとっては湿度が高く、体調を崩しやすい季節でもあります。雨によって体内に湿気をため込むと、外界の水分と相まって、体が重だるくなり、むくみが生じてきます。そのため、この時期は水分コントロールが重要になってきます。

 

また、湿度が高く暖かいことで、食中毒も発生しやすく、お腹を壊しやすくなります。体が熱いからといって冷たいものばかり摂ると、体がむくんでだるくなるだけでなく、胃腸の調子も悪くなります。

 

この時期は、春の疲れが溜まり心身共に不調を起こすことから、思い悩みやすい時期でもあります。ストレスは胃腸機能の低下にもつながりますので、体だけでなく心のケアも大切になります。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、体と心にストレスを抱える方にも効果的なメンテナンス・施術を行なっていきます。