BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。サクラの話。

2019/03/27
北浦和の整体。サクラの話。

今日は”さくらの日”です。”日本さくらの会”が1992年(平成4)に制定しました。

 

3×9(さくら)=27の語呂合せと、春分の期間の”七十二候”の次侯、『桜始開(さくらが咲き始める)』が重なる時期であることから、3月27日になったようです。

 

サクラ(桜)は日本文化に馴染みの深い植物です。日本においてサクラは、関心の対象として特別な地位を占める花であることは間違いありません。

 

桜は穀物の神が宿るとも、稲作神事に関連していたともされて、農業にとり昔から非常に大切なものでした。また、桜の開花は、他の自然現象と並んで、農業開始の指標とされた場合もあり、各地に”田植え桜”や”種まき桜”と呼ばれる木がありました。

 

万葉集にはいろいろな植物が登場しますが、桜もそのひとつでした。しかし、中国文化の影響が強かった奈良時代は和歌などで単に”花”と言えば梅を指しました。その後平安時代に国風文化が育つにつれて徐々に桜人気が高まり、”花”とは桜を指すようになりました。

 

桜の花言葉は、「精神の美」、「優美な女性」、「純潔」です。西洋では、「優れた教育」も追加されます。

 

「精神の美」には、桜が”日本の国花”という位置づけから、日本国、そして日本人の品格を表すシンボルとして、美しさを託した言葉だという推察があります。また、「優美な女性」、「純潔」には、桜の花の美しさからイメージされたものだと言われています。

 

”日本さくら名所100選”は、各都道府県から最低1か所を選ぶなど、9つの選定基準によって選ばれていますが、埼玉県では、大宮公園、熊谷桜堤、長瀞の3か所の桜が”さくら100選”に入っています。

 

日本気象協会の開花情報によると、大宮公園の桜はまだ「咲き始め」で、満開前・50%未満の花が開花している状態で、今週末は見ごろになるのではと思われます。

 

また、”日本五大桜”は、1922年(大正11)に国の天然記念物に指定された5つの桜ですが、埼玉県北本市石戸宿にある”石戸蒲ザクラ”というカバザクラの古木が五大桜のひとつに数えられています。

 

こちらのほうは、まだ「つぼみ」で、まったくまたはほとんど開花していない状態のようです。

 

さいたまは、今週末がお花見に最適ではないでしょうか。

 

話はちょっとそれますが、公演主催者や販売店に雇われて客の中に紛れ込んで、特定の場面や公演全体を盛り上げたり、商品の売れ行きが良い雰囲気を作り出したりする者のことを”サクラ”と言います。

 

このサクラの由来ですが、江戸時代に芝居小屋で歌舞伎を無料で見させてもらう代わりに、芝居の見せ場で役者に掛声を掛けたりしてその場を盛り上げること、またはそれを行なう者を”サクラ”と言っていました。

 

桜の花見はそもそもタダ見であることと、桜の花がパッと咲いてサッと散る”潔さ”がよく人の生き方に例えられますが、その場限りの盛り上がりをそれにかけたものだと言われています。

 

今日の北浦和の天気は晴れ。今朝の気温は9℃、最高気温は19℃の予報で暖かくなりそうです。ボディブラのご近所・北浦和公園の桜は、今のところ「5分咲き」といったところでした。

 

また、今日は浦和競馬場で南関東重賞レース”第65回桜花賞(SI)”が開催されます。ダート1,600mで競い合う牝馬限定のレースで、南関東の”さくらの女王”が決まります。

 

ボディブラでは、花粉症に悩まされながらお花見を決行する方にも、施術、ボディケアを行なっていきます。