BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。桜開花の話。

2019/03/21
北浦和の整体。桜開花の話。

今日は3月21日、二十四節気の4番目の”春分”です。期間としての意味もあり、今日から次の節気”清明”前日までを言います。

 

春分の期間の”七十二候”の次侯は、『桜始開(桜の花が咲き始める)』です。

 

昨日、長崎ではソメイヨシノの開花の発表がありました。今年、全国のソメイヨシノ(標本木)の中では一番早い開花で、平年より4日早く、去年より3日遅い開花だそうです。

 

この”開花宣言”、気象庁が決めた観測する木(標本木)の花が5~6輪開いた状態のときに行なわれるということです。

 

埼玉県の標本木(ソメイヨシノ)は、熊谷市の荒川沿い桜堤にあります。

 

桜の花のもととなる”花芽(かが)”は、前の年の夏ごろにできて、そのまま眠り(休眠)につきます。そして、冬の寒さに一定期間さらされると、目を覚まします。これを”休眠打破”と言います。目を覚ました後は、温度の上昇とともに成長し開花します。

 

冬が寒ければ、花芽がしっかり目を覚まし、開花も早くなるのです。

 

”さくら100選”に選ばれている熊谷桜堤の開花予想は3/25、同じく”さくら100選”に選ばれている大宮公園の開花予想は3/20となっていましたが、大宮公園の桜はまだつぼみの状態のようです。

 

今日午後、北浦和公園の桜(ソメイヨシノ)を見に行ったところ、写真のようにつぼみが大分ほころんで、開花までもうすぐといった感じでした。

 

さいたまの現在の気温は22℃。今日は南風が強く、つぼみを付けた桜の枝が砂埃とともに揺れていました。

 

明日22日は、はじめ寒冷前線が関東甲信地方を通過し、その後西高東低の気圧配置となる見込みで、また寒くなりそうです。

 

週末から来週にかけてもそれほど気温が上がらないかも知れません。開花は来週に持ち越しそうです。

 

ボディブラでは、花粉症に悩まされながらも、お花見を待ち望んでいる方にも、施術、ボディケアを行なっていきます。