BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。啓蟄の話。

2019/03/06
北浦和の整体。啓蟄の話。

今日は二十四節気の3番目の”啓蟄”。”啓”=「開く、開放る」、”蟄”=「虫などが土の下に閉じこもる」という意味があり、”啓蟄”は「冬ごもりの虫が這い出てくる」ことを表しています。春の季語でもあります。

 

期間としての意味もあり、次の節気”春分”前日までを指します。

 

季節としては、大地が温まり冬眠をしていた虫が穴から出てくる頃。柳の若芽が芽吹き、ふきのとうの花が咲く頃となります。

 

昨日はさいたま市でも気温が15℃まで達して午後はコートがいらないぐらいの陽気でした。そして、スギ花粉もだいぶ飛んでいたみたいです。

 

さいたまは、今朝はくもりで昼にかけてときどき雨のようです。

 

今日は、南からの湿った空気や低気圧の影響を受け、くもり時々雨の予報。明日は、低気圧が発達しながら伊豆諸島付近を通過後、上空に寒気を伴った気圧の谷が通過する見込みで、やはりくもり時々雨の予報となっています。

 

気温は昨日ほど上がらないようです。

 

”三寒四温”とよく言いますが、3日ほど寒い日が続いた後に4日ほど暖かい日が続くことで、この7日周期でだんだん春に近づいていく、春先の気象状態を指します。

 

日本では、春先に低気圧と高気圧が交互にやってきて、低気圧によって寒気が流れ込んできたり高気圧によって暖かくなったりを繰り返すことが多くなります。まさに3月今頃の状態を指しています。

 

このように寒暖の変化がハッキリしているのが、春先のため、日本では今頃の気象状態を”三寒気温”と言うことが多いようです。

 

4日に発表された”ウェザーマップ予想2019・さくら開花前線”によると、今年は2月後半から気温がかなり高くなっていて、3月も高温傾向が続く見込みのため、さくらの開花平年よりは早くなる見込みということです。

 

東京の開花予想は3/22となっており平年より早めとなっています。

 

私は、週末にまたMt.乗鞍に滑りに行く予定ですが、2月後半の暖かさで、2週前に行ったときと比べてゲレンデがどういう状態になっているのか心配しています。

 

ボディブラでは、雪不足に悩まされながらも、スキー・スノボに打ち込んでいる方にも、施術、ボディケアを行なっていきます。