BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。オーストリアスキーツアーの思い出_3。

2019/01/30
北浦和の整体。オーストリアスキーツアーの思い出_3。

ツアーから帰ってきて、今日で4日目。やっと体が日本時間に順応してきたという感じです。

 

今日もオーストリアスキーツアーでのことを少しご紹介します。

 

今回のツアーでお世話になった、スキー・オーストリア・アカデミー・サンクリストフの地下1Fは、乾燥室兼スキーロッカールームになっていました。

 

日本のスキー宿にも乾燥室はありますが、こんな広々とした乾燥室は初めて見ました。

 

写真の左側にあるオレンジ色のロッカーがスキーロッカーで、一部屋毎に分けられていて、板とブーツを最大4セット入れられるようになっています。

 

ロッカーの中にはブーツを入れる棚があり、ドライヤーになった直径5センチほどの棒が2本斜めに突き出ていて、ブーツを差し込む形になっています。これで中側から乾かすことができます。

 

それから、写真の左側に見える窓の下の壁際に、スキー板をチューンナップするバイスが取り付けられ、その下には流しがずっと設けられており、垂れたワックスと削ったワックスがちゃんと受けられるようになっています。

 

更にバイス台の上には、写真で見ると青い円柱状の物体がありますが。。。なんと、これがクリーナーになっていて、ワックスの削りカスを掃除できるようになっているのです。

 

これには恐れ入りました。

 

日本だったら、ホウキで掃くか、ブルーシートを下に敷いて処理するかというところですが、本当によく考えられています。

 

このチューンナップ台を使うのは、アカデミーのインストラクターや合宿に来ている選手たちだと思うのですが、効率よくスキーの手入れができるようにしているのです。

 

オーストリアだからこそ、スキーの道具を大切にし、メンテナンスを怠らないという文化があるのだと思いました。

 

そして、スキーをきちんとメンテナンスできることもプロの仕事のひとつだと思います。

 

北浦和のスポーツ整体、ボディブラは、オーストリア土産のチョコレートを用意して、皆さまのお越しをお待ちしております。