BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。オーストリアスキーツアー・8日目の話。

2019/01/26
北浦和の整体。オーストリアスキーツアー・8日目の話。

サンクリストフは朝から雪、山のほうはガスって視界が悪そうでした。気温は-15℃、冷え込んでいました。

 

今日も担当イントラはセバスチャン。相変わらず元気そうです。今日も朝からビーコンを付けて出発でした。ということは、オフピステが楽しめるということです。

 

午前はサンクリストフで3~4回オフピステを楽しんだ後、スチューベンに行きました。新雪が20cmぐらい積もった感じで、昨日に比べるとすごく滑りやすい状態でした。

 

次第に晴れてきて、このツアー一番の天気になってきました。それでも気温はさほど上がらず、雪も締まっていて、本当に最高のコンデションでした。

 

12時過ぎにアカデミーに戻って昼食を取り、午後はラストラン。サンクリストフからオフピステに入りながら、サンアントンに向かい、サンアントンから3日目に行ったレンドルへ。ゴンドラとリフトを乗り継ぎ、頂上へ。

 

このツアー最高の景色が見れました。その景色をバックにみんなで記念写真を撮りました。みんなの笑顔が今回のスキーツアーの楽しさを物語っています。

 

本当に楽しいツアーでした。そして本当によく滑りました。計算してみると、インスブルック観光の1日を除く6日間の総滑走距離は200キロ以上になっています。

 

今夜は最後の夜なので、昨日と今日撮影したみんなの滑りのビデオ鑑賞会でした。

 

明日は名残り惜しくも帰国の途に着きます。行きと同じスイスのチューリッヒからスイス航空13時発LX160便に乗る予定です。

 

今回のオーストリアスキーツアーは本当に楽しく思い出に残るツアーとなりました。また日本に帰ってからも、ブログに上げなかった報告などしようと思います。

 

それでは、8日目はこの辺で。