BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。スポーツマッサージのルール。

2019/01/12
北浦和の整体。スポーツマッサージのルール。

スポーツマッサージには、疲労回復、コンディショニング、ケガの予防、パフォーマンスアップ、リラクゼーションなどの目的・効果がありますが、これらを得るためには基本的なルールがあります。

 

スポーツマッサージのルールについて、体のメカニズムをご紹介します。

 

一般的なマッサージの目的は、筋肉の凝りや張りを一時的に和らげることにありますが、スポーツマッサージの目的は、一言で言うと、その選手の運動機能(筋肉機能)を最大限に引き出し運動パフォーマンスを上げることにあります。

 

スポーツマッサージはいつやればいいのか?

 

最も効果的なのは入浴後です。皮膚の代謝、血行がよくなっているため、体に溜まった老廃物の排出が促進され、疲労回復が進みます。

 

また、コンディショニングという意味では、運動の直前に行なえば、使う筋肉を温めるというウォームアップ効果が期待できます。

 

ただし、食後60~90分以上のタイミングで行なうこと。食後すぐは、血流が胃のほうに集中してしまい、効果が半減してしまうからです。

 

スポーツマッサージはどこでやればいいのか?

 

暑過ぎず、寒過ぎず、適温下で温度調節のできる部屋が望ましいです。そして、音楽や香りなどを工夫して、選手が十分リラックスできる空間づくりが大切です。

 

スポーツマッサージは何をやればいいのか?

 

疲労回復やコンディショニングは、運動パフォーマンスを上げるためには欠かせない要素です。身体の何がどうなったらいいのでしょうか?

 

身体が動くためには、動きを行なう関節が正常な範囲できちんと動いてくれなければなりません。そして、その関節を動かす筋肉が自分の思いどおりに収縮・弛緩をしなければなりません。

 

つまり、関節と筋肉の状態をよくすればいいのです。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、スポーツマッサージを取り入れて、クライアントのニーズに合った施術を行なっていきます。