BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体。スポーツマッサージの目的。

2019/01/08
北浦和の整体。スポーツマッサージの目的。

運動することによって、筋肉は酷使されて血流が滞り、放っておくとだんだん硬くなっていきます。

 

硬くなってしまった筋肉の柔軟性を回復して、甦らせるのがスポーツマッサージです。

 

スポーツマッサージの目的について、体のメカニズムをご紹介します。

 

一般的なマッサージの目的は、筋肉の凝りや張りを一時的に和らげることにありますが、スポーツマッサージの目的は、一言で言うと、その選手の運動機能(筋肉機能)を最大限に引き出し運動パフォーマンスを上げることにあります。

 

スポーツを行なう際、正しいフォームを維持して激しく動くことができるのは、すべて筋肉のおかげです。筋肉が収縮して、関節を動かしたり姿勢を維持したりしているのです。

 

試合や練習の中で運動の強度が上がれば上がるほど、筋肉への負担もどんどん上がります。

 

激しい運動によって酷使された筋肉は柔軟性を失って硬く収縮していきます。血管は硬くなった筋肉に押しつぶされ、血流が悪くなり、疲れた筋肉に溜まった老廃物が除去できなくなってきます。こうなると体が重たく感じられるようになります。

 

スポーツマッサージでは、自分では動かすことができない方向に筋肉を動かすことが可能です。適格に動かすことによって筋肉がだんだん緩まっていき、柔軟性も増して血流がよくなり、老廃物が速やかに除去できるようになります。血液中の老廃物が排出されて代わりに酸素がたくさん筋肉に取り込まれれば、筋肉の疲労回復が速やかに行われ、よい状態がキープできるようになります。

 

筋肉の柔軟性も取り戻されるので、運動時のケガの予防にもなります。

 

激しい運動によって酷使された筋肉を何もせずに放置しておくと、運動パフォーマンスは落ち、ケガをするリスクも高まります。ケガによっては元に戻るまで長期間に及ぶ場合もあるので、そうならないためにもスポーツマッサージ
は重要な役割を持っています。

 

スポーツ時のケガを未然に防ぎ、高い運動パフォーマンスを維持することがスポーツマッサージの使命とも言えます。

 

北浦和のスポーツ整体、カイロのボディブラでは、スポーツマッサージを取り入れて、クライアントのニーズに合った施術を行なっていきます。