BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体です。筋肉に関する話。

2018/10/19
北浦和の整体です。筋肉に関する話。

筋肉について、生活習慣病の予防に対しての役割をご紹介します。

 

生活習慣病の予防という観点で筋肉活動が大きな役割を担っていることが明らかにされています。

 

筋肉は体の部位を動かすための運動器から、痛みを感じるための感覚器として、さらにはマイオカイン(筋肉由来内分泌因子)などの物質を自ら分泌する効果器へとその役割を変えてきています。

 

そして、運動の目的も、運動能力の向上から、病気の治療として、病気の予防、健康維持のための運動へと発展してきています。

 

したがって、トレーニングは単なる競技者のためのものでなく、日常生活の一部として取り入れられるようになってきたとも言えます。

 

運動する機会が少なくなった現代人にとって、生活習慣病は大きな問題のひとつとなっています。

 

生活習慣病の予防については、今のところ運動か食事制限しか方法がありません。しかし、食事をコントロールすることで生活習慣病発症リスクを下げることは可能ですが、病気を完全に予防することは難しいです。

 

そういう意味で、運動しか生活習慣病を予防することができない、ということも事実です。

 

だから、成人や高齢者にも運動がいかに大切かを意識づけることが今後の課題となってきます。

 

また、病気の治療のための運動と健康維持のための運動は、その種類、強度などは同じではないことから、目的に応じた運動方法の指導が求められることになり、運動指導から健康指導へと変換してくるものと言われています。

 

ボディブラでは、健康に関するアドバイスや効果的な運動などもお教えしていきます。