BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体院です。ストレッチに関する話その4。

2018/08/29

ストレッチに関して、体のメカニズムをご紹介します。

ストレッチの直接的な目的は、硬くなった筋肉を伸ばして柔軟性を回復することにあります。

しかし、ゆっくりとした静的ストレッチを行なった後は筋力が低下することが実証されています。

その原因はストレッチで筋紡錘の感度が鈍くなることだと言われています。

それは、静的ストレッチをすると筋肉は十分に動きにくくなり、運動能力が落ちてしまうということ。

だから、ストレッチをした後、すぐに激しい動きは禁物。

最低でも5分間の休養を取ってから、徐々に体を動かすほうが安全です。

静的ストレッチは、運動の後や夜寝る前などに行なうのが効果的なのです。

当院で行なう施術には必ずストレッチが含まれています。

ストレッチを受けた後、すぐにスポーツをするようなクライアントさんはいないと思いますが、気をつける必要があります。