BLOGブログ
BLOG

北浦和の整体院です。ストレッチに関する話その3。

2018/08/27

ストレッチに関して、体のメカニズムをご紹介します。

筋肉が硬くなると痛みが生じやすくなるので、痛みを防ぐには筋肉を硬くしないことです。そのためには筋肉を伸ばすストレッチを行なうことです。

筋肉はそのほとんどが関節を動かすために、関節をまたいで付いています。

体の中で、いちばん負担がかかりやすいのは関節です。

だから関節周りの筋肉が硬いと痛みが生じやすくなります。

ストレッチするときには、関節周りの筋肉を伸ばすために、関節を折り曲げたり(屈曲)、伸ばしたり(伸展)することが重要です。

体が硬くなる原因は主に運動不足と精神的ストレス。

ストレッチを行なうことは、この両方を取り除く効果があります。

運動不足を自覚している方、ストレスをため込んでいる方は、解消するためにストレッチをしましょう。