BLOGブログ
BLOG

さいたま市の整体院です。北浦和おすすめの話。

2018/07/31

夏の暑い日にはサッとシャワーを浴びて、気分すっきり! という人は多いと思います。でもシャワーでは疲労回復はあまり望めません。心身の疲れを取るには、湯船につかることが一番なのです。ぬるめのお湯にゆっくりつかることが入浴の基本。

浮力によって筋肉の緊張を緩めて、体を温めることによって自律神経を整え、水圧によって血流が促進されます。

ちなみに、お湯の温度は、夏は39℃前後、冬は40℃前後がおススメで、ゆっくり肩までつかり、時間は15~20分が目安。そして就寝時刻は、入浴後1時間半ぐらい経って体温が下がり始めて眠さを感じる頃がベストタイミングです。