BLOGブログ
BLOGブログ

北浦和の整体が様々な症状をお伝えいたします

北浦和の整体ではテーピングでの補助もおすすめしております

北浦和の当整体はスポーツ選手が負った怪我に対する治療のサポートをし、再発のリスクを下げることで最大のパフォーマンスを発揮できるようお手伝いいたします。
スポーツテーピングマイスターに認定された院長がクライアントに合わせて施術を行いますので、怪我が気になる方はぜひお立ち寄りください。
北浦和の当整体ではテーピングをご自分で貼りたいという方に対して、テープをプレカットしてお渡しすることも可能であり、テーピングアイテムの販売も行っておりますのでご相談ください。

  • 北浦和の整体。世界禁煙デー。

    北浦和の整体。世界禁煙デー。

    2019/05/31
    今日は5月31日、”世界禁煙デー”。世界保健機関(WHO)が1989年に制定した禁煙を推進するための記念日です。毎年5月31日が世界禁煙デーとなっており、国際デーの1つとなっています。   この日、禁煙マークをプリントしたTシャツを着てマラソン大会などが開催され、世界的に禁煙を呼びかけています。1995年時点で世界の喫煙者は10億1000万人であり、約5人に1人の割合となっています。毎年世界で300万人が喫煙が原因とみられ...
  • 北浦和の整体。大相撲第48代横綱・大鵬。

    北浦和の整体。大相撲第48代横綱・大鵬。

    2019/05/29
    1940年(昭和15)の今日、大鵬幸喜(大相撲第48代横綱)が当時日本の領土だった樺太の 敷香町(現・ロシアサハリン州ポロナイスク)に生まれました。   大鵬は元大相撲力士。史上3人目の番付上1人横綱です。本名は納谷幸喜(なやこうき)ですが、一時期は母親の再婚によって住吉幸喜(すみよしこうき)と名乗っていたこともありました。父親はロシア革命後に樺太へ亡命したウクライナ人のコサック騎兵隊将校、マルキャン...
  • 北浦和の整体。投球障害肩。

    北浦和の整体。投球障害肩。

    2019/05/28
    肩関節は解剖学的には、肩甲上腕関節(肩甲骨と上腕骨の関節)、肩鎖関節(肩甲骨と鎖骨 の関節)、胸鎖関節(胸骨と鎖骨の関節)の3つの関節を指します。   の中で、狭義の肩関節は肩甲上腕関節になります。腕を上げるときには、肩関節が動くと同時に肩甲骨も動きます。   投球動作は速く、正確に、遠くにボールを投擲する高速運動です。この運動は肩関節のみでは達成できず、下肢から体幹・肩甲骨・肩・肘・手...
  • 北浦和の整体。リトルリーガーズショルダー。

    北浦和の整体。リトルリーガーズショルダー。

    2019/05/27
    肩関節は解剖学的には、肩甲上腕関節(肩甲骨と上腕骨の関節)、肩鎖関節(肩甲骨と鎖骨 の関節)、胸鎖関節(胸骨と鎖骨の関節)の3つの関節を指します。   この中で、狭義の肩関節は肩甲上腕関節になります。腕を上げるときには、肩関節が動くと同時に肩甲骨も動きます。   肩甲骨は背中上部、第2肋骨と第7肋骨の間に左右1対あり、肋骨のカーブに沿うように外側が前方に向いており、腕を上げる回旋方向の可...
  • 北浦和の整体。グロインペイン症候群。

    北浦和の整体。グロインペイン症候群。

    2019/05/25
    明らかな器質的な疾患や損傷がなく、運動時に鼠蹊部周辺に様々な痛みを生じる症状をグロインペイン症候群と言います。グロインペインはリハビリテーションによる保存療法が基本となります。   患者の7割がサッカー選手で圧倒的に多いのが特徴です。以前は鼠径管後壁の脆弱化によって生じると考えられ、スポーツヘルニアと呼ばれていました。現在では、明らかな器質的な異常がなく体幹から股関節周辺の筋力、筋緊張のバラ...
  • 北浦和の整体。シンスプリント。

    北浦和の整体。シンスプリント。

    2019/05/24
    シンスプリントは下腿(すね)内側の痛みを伴なうスポーツ障害です。運動量だけでなく、運動する地面の状態や使用シューズなど多くの因子が発生要因となります。   脛骨の疲労骨折に至ってしまうとなかなか治癒することが難しく、手術に至る場合もあるため、早期の的確な診断と、安静のみでない治療が必要となります。   長距離のランニングや繰り返しジャンプを行なった場合に生じやすく、足関節の回内運動による...
  • 北浦和の整体。ラグビーワールドカップの話。

    北浦和の整体。ラグビーワールドカップの話。

    2019/05/22
    1987年(昭和62)の今日から、第1回ラグビーワールドカップがニュージーランドとオーストラリアで開催されました。   1983年、オーストラリアとニュージーランドの両脇会がそれぞれ、国際ラグビーフットボール評議会(IRFB、現・ワールドラグビー)にワールドカップの開催を提案しました。このときは却下されましたが、両脇会は実現可能性について検討し、1985年にIRFBの年次会合で結果を披露し、FIFAワールドカップとオ...
  • 北浦和の整体。鵞足炎。

    北浦和の整体。鵞足炎。

    2019/05/21
    膝関節は、大腿(太もも)骨と脛(すね)骨の間の大腿脛骨関節と、膝蓋(膝の皿)骨と大腿骨との間の膝蓋大腿関節からなります。   膝関節の主な運動は屈伸運動ですが、屈伸時には回旋運動も生じています。膝関節の下側についている脛骨は、膝を伸ばしきったときに上側の大腿骨に対して約15°外側に向き、膝関節は最も安定した肢位になります。   膝の屈曲は階段昇降では95°、しゃがみ込みでは130~145°、正座には15...
  • 北浦和の整体。開業1周年。

    北浦和の整体。開業1周年。

    2019/05/20
    この度ボディブラは、開業1周年を迎えました。この1年間無事に施術を続けて来られたことは、ひとえに通っていただいているクライアントの皆さんのおかげと深く感謝しております。   昨年5月に”BodyBravo!! 北浦和 スポーツ整体院”という看板を掲げて、北浦和公園を後ろに控える国道17号沿い、JR北浦和駅西口徒歩5分の場所にオープンしました。当初は宣伝や集客に悩み、提供する施術内容や方法を幅広く取り入れることを考...
  • 北浦和の整体。足関節じん帯損傷。

    北浦和の整体。足関節じん帯損傷。

    2019/05/18
    足関節の構造は、脛骨、腓骨、距骨からなる距腿関節と、距骨と踵骨からなる距踵関節である距骨下関節があります。距腿関節では底背屈、距骨下関節では主に内がえしと外がえしの運動が行なわれます。   足関節の外側は前距腓じん帯・踵腓じん帯が、内側は三角じん帯が安定性に寄与しています。   足関節捻挫は最も頻度が高いスポーツ外傷の1つです。早期の正確な診断、初期の的確な治療がされない場合、足関節に不安...
  • 北浦和の整体。腸脛じん帯炎。

    北浦和の整体。腸脛じん帯炎。

    2019/05/17
    膝関節は、大腿(太もも)骨と脛(すね)骨の間の大腿脛骨関節と、膝蓋(膝の皿)骨と大腿骨との間の膝蓋大腿関節からなります。大腿脛骨関節は内側コンパートメントと外側コンパートメントに分かれ、屈伸の大きな運動範囲と、荷重負荷に耐えうる安定性を持ちます。   大腿骨と脛骨の関節面は厚さ数mmほどの軟骨で覆われており、繊維軟骨である外側・内側半月板が介在し、荷重分散機能の役割を果たします。膝蓋大腿関節は...
  • 北浦和の整体。内側側副じん帯損傷。

    北浦和の整体。内側側副じん帯損傷。

    2019/05/15
    膝関節は、大腿(太もも)骨と脛(すね)骨の間の大腿脛骨関節と、膝蓋(膝の皿)骨と大腿骨との間の膝蓋大腿関節からなります。大腿脛骨関節は内側コンパートメントと外側コンパートメントに分かれ、屈伸の大きな運動範囲と、荷重負荷に耐えうる安定性を持ちます。   大腿骨と脛骨の関節面は厚さ数mmほどの軟骨で覆われており、繊維軟骨である外側・内側半月板が介在し、荷重分散機能の役割を果たします。膝蓋大腿関節は...
  • 北浦和の整体。腰椎分離症。

    北浦和の整体。腰椎分離症。

    2019/05/14
    脊椎は身体の支持、脊椎の可動性、脊髄をはじめとする神経組織の保護作用があり、上から7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎、仙骨、尾骨から構成されます。側面から見るとそれぞれ緩やかなカーブを持っています。   腰椎は椎間関節が垂直に立っているため、胸椎と比較すると左右への回旋方向の動きは小さくなります。5腰椎と下の仙骨の椎間関節は水平に近いため、回旋可動域が大きくなります。上下の椎間体には椎間板 が...
  • 北浦和の整体院。肩関節脱臼。

    北浦和の整体院。肩関節脱臼。

    2019/05/13
    肩関節は解剖学的には、肩甲上腕関節(肩甲骨と上腕骨の関節)、肩鎖関節(肩甲骨と鎖骨の関節)、胸鎖関節(胸骨と鎖骨の関節)の3つの関節を指します。   この中で、狭義の肩関節は肩甲上腕関節になります。腕を上げるときには、肩関節が動くと同時に肩甲骨も動きます。   肩甲骨は背中上部、第2肋骨と第7肋骨の間に左右1対あり、肋骨のカーブに沿うように外側が前方に向いており、腕を上げる回旋方向の可動...
  • 北浦和の整体。オスグッド・シュラッター。

    北浦和の整体。オスグッド・シュラッター。

    2019/05/11
    オスグッド・シュラッター病は、ランニング、ジャンプ、キック動作の多いスポーツで発生しやすく、特に成長期の膝痛の原因として多いスポーツ障害です。大腿四頭筋の柔軟性が低下した状態での運動負荷によって、膝蓋腱のけん引力により腱が付着する脛骨粗面で骨端線(成長線)の微小な剥離を起こすことで痛みを生じます。   膝関節は、大腿(太もも)骨と脛(すね)骨の間の大腿脛骨関節と、膝蓋(膝の皿)骨と大腿骨との...
  • 北浦和の整体。腰椎椎間板ヘルニア。

    北浦和の整体。腰椎椎間板ヘルニア。

    2019/05/10
    脊椎は身体の支持、脊椎の可動性、脊髄をはじめとする神経組織の保護作用があり、上から7個の頚椎、12個の胸椎、5個の腰椎、仙骨、尾骨から構成されます。側面から見るとそれぞれ緩やかなカーブを持っています。   腰椎は椎間関節が垂直に立っているため、胸椎と比較すると左右への回旋方向の動きは小さくなります。第5腰椎と下の仙骨の椎間関節は水平に近いため、回旋可動域が大きくなります。上下の椎間体には椎間板が...
  • 北浦和の整体。テニス肘。

    北浦和の整体。テニス肘。

    2019/05/08
    肘関節は、上腕骨、橈骨、尺骨からなり、上腕骨と尺骨は強い関節面を持ち、内側側副じん帯によって安定しています。上腕骨と橈骨の連続は弱く、外側側副じん帯によって安定します。また、橈骨頭と尺骨(近位橈尺関節)は輪状じん帯によってグルグル巻かれた状態で安定しています。   肘関節を曲げるのは上腕二頭筋や上腕筋、伸ばすのは上腕三頭筋の作用によります。手のひらを上に向ける前腕の動きを回外、下に向ける動き...
  • 北浦和の整体。後十字じん帯損傷。

    北浦和の整体。後十字じん帯損傷。

    2019/05/07
    膝関節は、大腿(太もも)骨と脛(すね)骨の間の大腿脛骨関節と、膝蓋(膝の皿)骨と大腿骨との間の膝蓋大腿関節からなります。   膝関節の主な運動は屈伸運動ですが、屈伸時には回旋運動も生じています。膝関節の下側についている脛骨は、膝を伸ばしきったときに上側の大腿骨に対して約15°外側に向き、膝関節は最も安定した肢位になります。   膝の屈曲は階段昇降では95°、しゃがみ込みでは130~145°、正座には15...
  • 北浦和の整体。ジャンパーズニー。

    北浦和の整体。ジャンパーズニー。

    2019/05/02
    ジャンパー膝とは、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多くみられる、オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。   膝関節は、大腿(太もも)骨と脛(すね)骨の間の大腿脛骨関節と、膝蓋(膝の皿)骨と大腿骨との間の膝蓋大腿関節からなります。   大腿四頭筋の柔軟性低下が要因の1つに挙...
  • 北浦和の整体。半月板損傷。

    北浦和の整体。半月板損傷。

    2019/05/01
    膝関節は、大腿(太もも)骨と脛(すね)骨の間の大腿脛骨関節と、膝蓋(膝の皿)骨と大腿骨との間の膝蓋大腿関節からなります。   大腿脛骨関節は内側コンパートメントと外側コンパートメントに分かれて、屈伸の大きな運動範囲と、荷重負荷に耐えられる安定性を持っています。大腿骨と脛骨の関節面は厚さ数mmほどの軟骨で覆われていて、そこに線維軟骨である外側・内側半月板が介在し、2つに分かれることで荷重分散機能...

北浦和で整体をお探しで、平日はお仕事や学校があるので通うのが難しいとお悩みの方は、土曜日も休まず営業しております当院をぜひご利用ください。
当院は最寄り駅から徒歩5分であり、京浜東北線をご利用いただけますので、近隣にお住まいの方だけでなく東京方面からも通っていただくことができます。
北浦和の当整体では、筋肉や関節を緩めたり調整したりすることで、体で不調な部分の改善を促し、自然治癒力が発揮されるような施術を行っております。
自然治癒力が高まると肩こりや腰痛等のつらい痛みが緩和されますし、体の調子が良くなっていきます。
当院では各種エッセンシャルオイルを使った香りによるアロマテラピーも行っておりますので、お仕事や家事・育児等によるストレスが気になる方もお越しください。
ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせいただければと存じます。