BLOGブログ
BLOGブログ

北浦和の整体が様々な症状をお伝えいたします

北浦和の整体ではテーピングでの補助もおすすめしております

北浦和の当整体はスポーツ選手が負った怪我に対する治療のサポートをし、再発のリスクを下げることで最大のパフォーマンスを発揮できるようお手伝いいたします。
スポーツテーピングマイスターに認定された院長がクライアントに合わせて施術を行いますので、怪我が気になる方はぜひお立ち寄りください。
北浦和の当整体ではテーピングをご自分で貼りたいという方に対して、テープをプレカットしてお渡しすることも可能であり、テーピングアイテムの販売も行っておりますのでご相談ください。

  • 北浦和の整体院です。ストレッチに関する話その4。

    2018/08/29
    ストレッチに関して、体のメカニズムをご紹介します。 ストレッチの直接的な目的は、硬くなった筋肉を伸ばして柔軟性を回復することにあります。 しかし、ゆっくりとした静的ストレッチを行なった後は筋力が低下することが実証されています。 その原因はストレッチで筋紡錘の感度が鈍くなることだと言われています。 それは、静的ストレッチをすると筋肉は十分に動きにくくなり、運動能力が落ちてしまうということ...
  • 北浦和の整体院です。ストレッチに関する話その3。

    2018/08/27
    ストレッチに関して、体のメカニズムをご紹介します。 筋肉が硬くなると痛みが生じやすくなるので、痛みを防ぐには筋肉を硬くしないことです。そのためには筋肉を伸ばすストレッチを行なうことです。 筋肉はそのほとんどが関節を動かすために、関節をまたいで付いています。 体の中で、いちばん負担がかかりやすいのは関節です。 だから関節周りの筋肉が硬いと痛みが生じやすくなります。 ストレッチするときに...
  • ロゴ

    北浦和の整体院です。ストレッチに関する話その2。

    2018/08/25
    ストレッチに関して、体のメカニズムをご紹介します。 ”発痛物質” とは、神経を介して脳へ痛みの刺激を伝える物質です。その刺激が脳へ伝えられて『痛い』と感じるのです。 痛みを感じさせる発痛物質は、血液の流れが悪くなっても出されます。 血行が悪くなると、細胞に運ばれる酸素が不足し、細胞は虚血状態になって発痛物質が発生します。 筋肉が硬い状態が続くと、硬くなった筋肉の周りにある毛細血管が圧迫され...
  • ロゴ

    北浦和の整体院です。ストレッチに関する話その1。

    2018/08/21
    ストレッチに関して、体のメカニズムをご紹介します。 ”体が硬い”とよく言われたりしますが、体が硬くなると、筋肉や関節に痛みが生じやすくなります。 つまり、”体が硬い” ということは、”筋肉が硬い” ということになります。 硬い筋肉は弾力性がなくなって、とてももろくなっているため、伸ばされるときに筋肉細胞が壊れてしまうことがあります。 この壊れた部分から脳へ痛みを伝える発痛物質が出されます。そし...
  • 北浦和の整体院です。足が痙攣したときの話。

    2018/08/18
    足の痙攣に関しての情報です。 ふくらはぎがつってしまう。特に試合やレースの後半でありがちなトラブル。 こむらがえりとも呼ばれるこの現象。 応急処置は、地面に座って脚を伸ばし、つま先を軽く手前に引いてふくらはぎをゆっくり伸ばします。 このとき気をつけなければならないのはあまり勢いよく伸ばさないこと。 肉離れを起こす可能性があります。痛みが引いた後は軽くもみほぐすようにします。 痛みが...
  • 北浦和の整体院です。北浦和おすすめの整体。

    2018/08/15
    シンスプリントは、ランナーやランニング系のスポーツで多く発生する障害で、反復的にランニングやジャンプを繰り返した結果、スネの内側の骨に刺激が加わる事と、足首や足の親指で地面を蹴る筋肉が、スネの骨膜を引っ張り炎症が起こると考えられています。 シンスプリントはスネに痛みが出る症状ですが、オーバープロネーション(着地時に足首が過度に内側に倒れ込むこと)が原因のひとつとなります。 ボディブラでは、この...
  • 北浦和の整体院です。北浦和でおすすめの施術。

    2018/08/11
    足首は最もねんざしやすい関節です。足関節ねんざは、足を底屈して内側にひねった状態で、足の甲の外側に体重をかけた時に起こることがほとんどです。スポーツ、普段の生活の中でも頻度の高いのが、この内反型の足関節ねんざです。 骨折していれば離れた場所で骨を押した時に痛みがあるので、関節を動かさないようにそっと体重をかけて痛みを感じなければ、ねんざだと区別できます。痛みや腫れがひどければじん帯断裂の可能性...
  • 北浦和の整体院です。睡眠の話その2。

    2018/08/08
    質の高い睡眠をとるには体内時計を整えることが大事… それには、朝日をあびること、毎日同じリズムで生活すること。つまり同じ時間に起床することが大切です。また、人間の生体リズムで深部体温が下がる時間帯(22時~2時)に就寝すると、眠気を感じやすくスムースに深い眠りにつくことができます。そして最初の3時間に深い睡眠を取ることで成長ホルモンの分泌が増加し、筋肉の修復スピードアップ・疲労回復につながり、翌朝...
  • 北浦和の整体院です。質の良い睡眠の話その1。

    2018/08/05
    毎晩熱帯夜が続く最近ですが、エアコンなしでは熟睡は無理ですよね… 寝るのに最適な室温は、冬場は17℃、夏場は26℃前後だと言われています。暑すぎても寒すぎても✖ また、睡眠の最低1時間前からはPC、スマホ、TVなどは厳禁! 明るすぎる光を目に入れると、睡眠を促すホルモンであるメラトニンの分泌を抑えてしまいます。それから、就寝中の脱水予防に就寝前にコップ1杯の水を飲むこと、水枕などで頭部を冷やすなどの対策が必...
  • 北浦和の整体院です。北浦和おすすめの施術です。

    2018/08/03
    下り坂や長距離を走った時に、膝の内側や外側が痛むことがあります。外側に痛みがあれば腸脛じん帯炎、内側に痛みがあれば鵞足炎が考えられます。どちらも膝の横を通る腱が、屈伸のたびに大腿骨の太い部分と過剰にこすれ合うことで炎症が生じてきます。 腸脛じん帯炎は、骨盤から股関節、膝関節を越えて脛骨の外側に付く腸脛靭帯が。大腿骨とこすれて炎症を起こすもので、O脚気味の人に多い障害です。 鵞足炎は膝の内側にある...

北浦和で整体をお探しで、平日はお仕事や学校があるので通うのが難しいとお悩みの方は、土曜日も休まず営業しております当院をぜひご利用ください。
当院は最寄り駅から徒歩5分であり、京浜東北線をご利用いただけますので、近隣にお住まいの方だけでなく東京方面からも通っていただくことができます。
北浦和の当整体では、筋肉や関節を緩めたり調整したりすることで、体で不調な部分の改善を促し、自然治癒力が発揮されるような施術を行っております。
自然治癒力が高まると肩こりや腰痛等のつらい痛みが緩和されますし、体の調子が良くなっていきます。
当院では各種エッセンシャルオイルを使った香りによるアロマテラピーも行っておりますので、お仕事や家事・育児等によるストレスが気になる方もお越しください。
ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせいただければと存じます。